『テラスハウス軽井沢編32話』副音声ネタバレ!キスキスキスキス!

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウスを見るならFODがお得!

 

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『テラスハウス』の副音声が聞けるのはFODプレミアムだけ!
  3. テラスハウス【湘南編】、テラスハウス【ハワイ編】、テラスハウス【東京編】も視聴可能!
  4. 8,18,28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば他の作品も無料視聴可能!

 

今すぐ『テラスハウス』を無料視聴する!

※スタジオメンバーの【副音声】が聞けるのはFODだけ!

(FODの登録と解約方法はこちら)

 

 

今回は『テラスハウス軽井沢編32話』副音声ネタバレを書いていきます!

前回あらすじ

前回は貴さんの誕生日パーティーの夜の聖南とノアのキスをめぐり優衣の「キス裁判」があり、優衣のジワジワと痛めつけていくような詰めよりに、皆が震え上がりました。そして、翔平は卒業ライブをしメンバー全員号泣するというとても感動的で熱い卒業パーティーになりました。
翔平が卒業した夜、ノアはさっそく聖南をデートに誘います。
一方貴さんも綾がやりたいと言っていたスケボーデートに誘いました。
そして、今回は新メンバーも登場します!それではどうぞ~!

ドキドキのスケボーデート!

朝、優衣とノアのいるリビングに貴さんとスケボーデートに行く綾が登場します。

葉山くん「あっスケボーデートだ!」
トリちゃん「スケボーの日!」
山ちゃん「めちゃくちゃ薄着!」

優衣は綾が付けてる大きめのピアスが引っかかって耳がちぎれないかなぁと心配します。


山ちゃん「あーネガティブな情報!」
葉山くん「お母さんだ」
山ちゃん「お母さんだねぇ」

そこへ、大きめの紙袋を持った貴さんが『ヤッピー!』と登場します。

山ちゃん「みんなうかれてんなぁ」
徳井さん「ちょっと、あの…」
youさん「ロンハーマン!」

その紙袋を綾へ
貴さん『この前誕生日プレゼント貰ったから』
綾『えー!?ほんとに!?何ー!やだ~!開けていい?』

山ちゃん「ゴリゴリのでTバックとかだったらいいのにな」
youさん「やだ~嬉しい!何ー!」
葉山くん「さらっと皆の前で渡すの格好いいっす」
トリちゃん「なんか寮長が格好よく見えてきましたね」
youさん「どうしよう寮長の家で採れた米だったら」
山ちゃん「いいねー!お兄さんとお父さんの写真が載ってるね、私達が作りました」

中からはボディクリームと「you are beautiful」とメッセージの入ったバスタオルが!

綾『これ何?』
貴さん『ボディクリーム』
綾『私買おうとしてたの!テラスハウスに持ってきてなくて!

山ちゃん「これ上手いなあ、このリアクション!そうじゃなかったとしてもね

綾『あっバスタオル!?』
貴さん『これはねぇなんか気持ちいいやつだ』

山ちゃん「いや、なんで!?」
youさん「あらいいじゃなーい!」
トリちゃん「そう、いいですね!」
徳井さん「ユアービューティフォー!」
youさん「ユアービューティフォー
!」

綾『ありがとうございます!』
貴さん『全然!』

葉山くん「早く付き合ってほしいっすね」
youさん「ねー!」
山ちゃん「これ付き合ってんじゃん!もー」

貴さん『プロテクターがさぁ頼んであったんだけど届かなくて今日…』
綾『死ぬ覚悟でやるからいい』

山ちゃん「自分と一緒に行くところで死ぬ覚悟でやるなんて言ってくれたら」
徳井さん「ちょっとスケボーでこけたりしたときに、助けるときにあの胸元ざっくり開いてみたいな、ちょっとドキッとするパターンちゃうこれ」
youさん「あ~いいですねぇ!」

そして2人はスケートパークへ!


youさん「ひじこえ~ひじ!」
トリちゃん「サポーター無いから…」
徳井さん「手を握る」
山ちゃん「こうなるんですね結局」
徳井さん「いやだ!ドキドキしてる、スケボーどころじゃない!

徳井さん「やだ!心臓の音が聞こえてしまうんじゃやないかしら!」
山ちゃん「いやいや1人少女漫画みたいな解説がいるなあ笑」
葉山くん「いいですねぇ」
山ちゃん「これは幸せだよなぁ~好きな人にこんなことしてもらって」
馬場園さん「いいな~楽しいだろうなぁ~」
葉山くん「しかも二人っきりじゃないですか」
youさん「ねー!最高だよね~」
山ちゃん「これ絶対もう好きじゃん!二人とも」
youさん「寮長が…だからねぇ、女子としてちゃんと見れてたらいいよねぇ
山ちゃん「ここで格好いいとこ見せますよ寮長」

綾『スゲー!!』

山ちゃん「やっぱ上手いんだね」
トリちゃん「凄い!」
山ちゃん「一緒なの?やっぱ、スノーボード出来る人は」
葉山くん「スノボー系は全部一緒じゃないっすか、バランスで」
徳井さん「これもうまたどんどん好きになってまうで」
馬場園さん「好きになるよ、こんなん見せられたら」
youさん「ヤバいかっこいい!」

そして二人はオシャレなカフェへ
綾『おうちで見る貴さんとは違った

山ちゃん「もっと好きになっちゃったんだぁ」

綾『凄く格好よかったです』
貴さん『ありがとうございます』

山ちゃん「もう付き合っちゃいなさいよ!」

綾は凄くスケボーが楽しかったと貴さんに伝えます。貴さんもそれは良かったと嬉しそうです。

山ちゃん「(貴さん)昔こんな風に楽しんでくれる人いなかっなもんねぇ」

綾『貴さんて読めないですよね、何を考えてるのか分からない

山ちゃん「何も考えてないよ」

貴さん『あーそれたまに言われるね』

徳井さん「たまに言われるかあ?」
山ちゃん「モテる人間になってるね~ちょっとお」

綾『プレゼントあげたときも、喜んではくれたけど…本当に喜んでくれたのかな?とか笑』

山ちゃん「本当喜んでんだよ~」

貴さん『喜ん…、めちゃくちゃ(パンツ)履いてるからね!』
綾『思った!今日履いてますよね?チラッと見えちゃったー笑』

山ちゃん「あら!安心してくださあい」
葉山くん「履いてますよ…笑」

貴さん『エッチ!笑』
綾『ちょー嬉しかったでも』
貴さん『ヘビロテ!笑』
綾『また連れてって欲しい』

山ちゃん「や、こんなめちゃくちゃ楽しいだろうな!こんなの」
youさん「なんかあれですね、色気出すのが下手そうですよね寮長」
徳井さん「ねっそこですよね!」

貴さん『別にスケボーじゃなくても』
綾『星がいい!星!』
貴さん『星な、オッケーです!』

ここでオープニングイントロへ
youさん「なんか男くささをみんな持ってるものなんだけど、それが出ちゃう人と出にくい人がいて完全に出にくいタイプなんですよねぇ
山ちゃん「これどっかのタイミングで女の子の方もあれ!?てなっちきちゃうんですか?このままずっといると」
youさん「うーん、ありますねぇ」
徳井さん「女子がガーッて高まったときに、いい頃合いでその~」
山ちゃん「オスを出す」
徳井さん「オスをチラ見せしてくれないと」
youさん「そうなんです!」
徳井さん「期を逃すわけですから」
youさん「あれ?なんか違ーなみたいになっちゃうんすよ」
徳井さん「熱は熱いうちに、じゃないけどさぁ」
youさん「そうですねぇ、タイミング…」
徳井さん「女子が濡れてるうちに抱かないとやっぱりね」
馬場園さん「アラララララ」
youさん「そういうことですよねぇ」
山ちゃん「素晴らしい先生~!性に詳しい先生だ」

オープニング開け聖南とノアが二人でバーで飲んでいるところからスタートします。

ノアと聖南の熱い夜

ノア『なんかこんな二人で飲みに来ることがあるっていうのは正直思わんかった、俺は想像してなかった』

徳井さん「もーこれ二人で酒飲んだらもう」
youさん「もう」
徳井さん「もうね!」
トリちゃん「もうそんなこと言わなくていいから!」

聖南『まぁノアに対してピーンてきたんじゃない、ピーンて!笑えっ!?』
ノア『聖南さんに?』
聖南『じゃなきゃ、たぶん優衣との気まずさとかよりもノアとデートしたいって気持ちの方が強くなることは無いと思うから
ノア『ニヤけが止まらん笑』

山ちゃん「ヤベーなここ」
トリちゃん「気持ちわる!
山ちゃん「あれ?トリちゃん??笑」
トリちゃん「すいません笑」
youさん「こぼれちゃったトリちゃんのが笑」

山ちゃん「もう、勢いが」
徳井さん「アーアーアーアーもうダメだ!アッハハハー笑」
youさん「懐かしいー!マー君思い出す~」
山ちゃん「ホントだ!」
youさん「もう始まってる始まってる
徳井さん「もう始まってますよー!笑
山ちゃん「何流れてんだぁ?あの曲」
youさん「もうこれ入っちゃいますよねぇ、お父さん」
徳井さん「これ入りますー」
山ちゃん「変なオジサン?変なおーじさんだから変なおーじさん?ダッフンダってやった?今」
徳井さん「もうノアもだいぶ酔ってますし」
youさん「酔ってますねぇ」
山ちゃん「覚悟の1杯グイッといったー!」
徳井さん「ガソリン的にいってます!」

聖南『私、ノアのこといいなと思ってるよ!
ノア『声デカっ!』
聖南『あっデカいー!?笑』
ノア『マジで!?ほんとに!?』
聖南『思ってるよ!』
ノア『ほんとに!?』

youさん「これはもう」
山ちゃん「なんかさぁ、本当にこういう場所での恋愛模様だね、これなんか笑。酒飲んだ席での男と女」
youさん「でも、もうちょっと回りガヤガヤしてますけどね笑」

徳井さん「アーアーアーアー」
youさん「もうそりゃ当然のやつですね」
徳井さん「もうこれ飲んでて向こうの席仕上がってんなあっていうときのやつやろ笑」
youさん「そうですそうです笑」
山ちゃん「アーアーアーアー」
youさん「あ~これ翔平見るかぁ…」
徳井さん「時雨てんなぁ」
youさん「時雨てますねえ久しぶりの!」
山ちゃん「時、雨と書いてしぐれ!」
葉山くん「長いな」
馬場園さん「スゴい長いな」
徳井さん「またマイクがチュパチュパ拾ってるわ」
山ちゃん「子猫がミルクをなめるような音がピチャピチャ」

徳井さん「こりゃもうあ~あ~」
山ちゃん「こりゃもうAVのチャプター1でっせー!
葉山くん「長い長い!」
徳井さん「もう始まっちゃうよもう!」
山ちゃん「もう場所変えよ!」
youさん「ここはバーだからね、場所変えよっか」

ノア『俺は普通に聖南さんの事を好き。ずっともっと

山ちゃん「ん!?Hotto Mott!?お弁当屋さんの?」
youさん「誰がホットモットよ笑」

聖南『ノアをもっと…知りたいと思ってる!』
ノア『知りたいと思ってる笑』
とまた二人は熱いキスを交わします。

徳井さん「聖南はやっぱり年下のイケメン好きやな~!笑
youさん「ねー!好きね~!」
徳井さん「いいよー!もう本能的でいいよ!」
youさん「凄くいい!」
山ちゃん「音が凄い!」
youさん「音がもうっ!」
葉山くん「これはもうパラレルワールドですから」

そして2人はバーを後にし、タクシーを待ちますその間もキスは止まりません…。

メンバー全員「うわ~!」
山ちゃん「飲みの席でこういう人達見たことあるー、好き?って言ってめっちゃイチャイャする人ー」
葉山くん「新宿とかにいそうですね」
youさん「楽しいやつですよ~」
徳井さん「これはっ…笑」
トリちゃん「楽しいけどキスに飽きてきた!
スタッフ&メンバー「爆笑www」
馬場園さん「濃厚過ぎてね…」
トリちゃん「濃厚すぎましたね笑」
徳井さん「(聖南)ずっと一緒にいて。(ノア)いいよ、分かった。って言った!」
山ちゃん「これはホテルに行こうってことですね、つまり」
馬場園さん「そういうこと?」

そしてタクシーが到着し、二人は乗り込みます。
山ちゃん「どこだ!目的地は!大事な一言ちょうだい」
youさん「なんだろ~?」
徳井さん「(タクシーの)ティッシュが何かを物語ってるね」

ノア『あの、近くのホテルで…。
聖南『アッハハハハハハハ笑コラ~って!笑』

メンバー全員 拍手喝采!
山ちゃん「ヨッ!!石倉よ!」
youさん「いいぞ~!」
山ちゃん「すいません、近くのホテルで!名言うまれましたね今日も!」
葉山くん「いいっすね~!」

そしてスタジオトークあけ、次の朝貴さんと優衣がリビングに居るところにノアが『ただいま、疲れた』と言いながら帰ってきます。

貴さん『ノアの例えば気持ちぃ…とかを伝えたりしたの?』

山ちゃん「気持ちいいを?」
馬場園さん「気持ち、気持ち」
徳井さん「今聞こえたな、気持ちいいって言ったのかみたいな」
山ちゃん「言っただろうしね気持ちいいって」

ノア『言えたかな…』
優衣『それでどうなったの?付き合うとか』

山ちゃん「お母さん!」

ノア『そこで付き合おうみたいな話をしようと思ってなかったから』
貴さん『とりあえずね』
優衣『気持ちだけ伝えて、じゃあホテル行こうかってなるんだ笑www』

山ちゃん「こわいわ笑い方!」
徳井さん「文章にするとな」
youさん「そうねぇ」

ノア『気付いたらチューしとって…』
優衣『これからどうして行こうと思うの?』


youさん「うわ~詰めるなぁ」
山ちゃん「詰めるねぇ」

貴さん『ホテルは楽しかった?笑』
ノア『めちゃくちゃ笑。めちゃくちゃ楽しかったぁ…』

山ちゃん「ホテルはめちゃくちゃ笑ww」
youさん「めちゃくちゃ楽しかったんだぁ」
徳井さん「昨日の夜思い出してたなぁ今」

聖南&ノアカップル誕生!!

その夜プレイルームにいるノアのもとに聖南が。
二人は昨日の夜の事を話します。

ノア『昨日の事覚えとる?』
聖南『覚えてるよ。楽しかった…ンフフフフ笑』

山ちゃん「エッロ!」
youさん「いいな~楽しいなぁ、ここが1番たのしいなぁ」
徳井さん「二人揃ってハァ~って」
youさん「ね~!」
山ちゃん「思い出したんすかね、昨日のめくるめく」

ノアは酔ったいき勢いだったのか聖南の気持ちを知りたいと言うと聖南は『ノアの事を好きだな、いいなと思った』と答えるとノアはめちゃくちゃ嬉しいと喜びます。

葉山くん「そうですよね」
山ちゃん「再確認して」
youさん「俺もだなあ~つって」

二人の気持ちを確認し聖南はお風呂に入ると部屋を出ます。
山ちゃん「一体なんの仕事だったんだ、島袋よ。それを知りたい」
youさん「いや、忙しいのよ聖南」
山ちゃん「めちゃくちゃ酒飲んでめちゃくちゃヤリまくった次の日の仕事なんだったんだろ?どうしよ、俺共演してたら笑」
徳井さん「いや別にそれはええやん笑」

そして次の日

ノア『言ってくれたやん、好きって。俺も聖南さんの事好きやから普通に付き合いたいなと思って
聖南『はい…』

山ちゃん「あれっ!?」
馬場園さん「急に」

ノア『こわいんだけど』

山ちゃん「これがキスから始まるってやつか~!今手入れしてないわあ」
馬場園さん「始まるのかぁ…」
山ちゃん「いんじゃない?付き合っちゃいなさいよ」

聖南『いいよ!

youさん「いいと思う!」
山ちゃん「出ました!トレンディなため!」

そしてキスを交わします

山ちゃん「他居ないの家?大丈夫?だからさこんな所でするキスする長さじゃないんだよ~」
馬場園さん「ないんだよ~毎回」
youさん「だから長くなっちゃうのぉ、好きだと!

ノア『カレー風味が凄い笑』
聖南『ごめんカレー食べた後だったの笑』


山ちゃん「わー大人のジョーク笑」
徳井さん「朝からカレー食う手てたん?イチローやん!」
youさん「イチローさんですねぇ」

その夜、優衣と綾に聖南とノアは付き合いうことになったと報告し、『プレイルーム使います』宣言をします。そしてさっそくプレイルームへ。

山ちゃん「ティッシュ!笑」
徳井さん「ティッシュー!笑」
youさん「またその技術さん…笑ティッシュからの!」

youさん「いいですねぇ、久しぶりですねこういうの!」
葉山くん「いいですねぇ」

山ちゃん「凄いねこれ!」
葉山くん「今日は凄い!」
徳井さん「もうねぇ我慢が出来ないのよ、特に21(歳)なんてもう」
youさん「ビックリしたあれ聖南さんの膝ですよね!?」
徳井さん「あんなにテント張ってないですよ笑」
youさん「そうですよねごめんなさい笑」
徳井さん「いつしかもうプレイルームはそういう部屋になってきたね笑」

新メンバー登場!新たな風がふく!

貴さんとノアがリビングルームにいるとピーンポーンと鳴り新メンバー池添俊亮くんが登場です!

徳井さん「ハンサムな子や」
山ちゃん「あの山田涼介くんに似てますね」
葉山くん「似てますね、Hey! Say! JUMP」
山ちゃん「あれ、これ優衣ちゃんがトキメクんじゃないですか?」

ノアに年を聞かれ21才と答えるとスタジオメンバーは
メンバー「おー若い!」
徳井さん「どんどん若くなってきたな~28が出て21入ってきて」

俊亮に質問し続ける貴さんに
徳井さん「面接や!バイトのこれもう笑」

youさん「なんかIKKOさんが若い時みたい」
山ちゃん「爆笑www」「どんだけ~」
youさん「綺麗な、可愛い!」

俊亮『普通にバイトしながらヘアメイクの勉強をしてて、ヘアメイクさんになりたくて』
貴さん『ヘェ~!スゲー爽やかな感じで』
俊亮『でもこれ自分でメイクしてて今』
ノア『俺もしてもらいたいな~』

徳井さん「そっかメイクなぁ」
山ちゃん「本当にIKKOさん」

そして、男子部屋に案内し3人で男子トークに入ります

貴さんがテラスハウスに入ろうと思ったきっかけを聞くと
俊亮『彼女二年前にいてそっから居なくて、その時からじゃないですけど、その彼女にも言ってたんですけど…バイじゃないけどなんかたぶん両方…。付き合ったことはないんですけど、自分の中でハッキリさせたくて…』とテラスハウスに入ろうと思った正直な気持ちを話します。

山ちゃん「今じゃ普通だもんなもう」
youさん「寮長とか好きになればいいのに」
徳井さん「そっかあ自分探しでもあるんや!
youさん「そうだよ~21になったばっかりだもん」

俊亮『いつからとか、この人に会ってからとかそういうのは無くて、何となくそうなのかなと思って』

山ちゃん「先週友達が言ってた男の子部屋に住むの?ってのはそういうことだったんだなあ…」

ノア『俺の親友そうだったんですよ』
貴さん『そうなんだ』

youさん「多いいもんね、バイは」
山ちゃん「ちょっと違う話だけどクロちゃんもそうっていう…」

俊亮『男の子ですか女の子ですか?』
ノア『男の子。女の子も好き、男の子も好きやって』
俊亮『でも気になるなって思うのは女性ぽい男の人はそんなに気にならない…』
ノア『男らしい男の人の方の、まだハッキリしてない…?』
俊亮『です…』

そしてエンディングへ
youさん「探そ探そ!」
山ちゃん「これちょっとテラスハウス話題になりそうですね」
馬場園さん「綺麗な目をしていましたね」
徳井さん「ねっ」
山ちゃん「そうかぁこれは全く新しい展開ですなあ」

まとめ

貴さんとのスケボーデートで貴さんからプレゼントを貰いまた、スケボーをしているいつもと違う貴さんを見たことで綾の好きな気持は前よりもヒートアップしてそうですね!次は星デートの約束もし、貴さんの気持はどうなのでしょうか!?
それとは打ってかわり聖南とノアのデートは本能のままキスしまくりのとても情熱的なデートでした。2人の今までの抑えてた気持が爆発したような。
ノアが聖南と結ばれて本当に嬉しそうなのがめっちゃ伝わってきました!
そして新メンバーの俊亮はバイかもしれないということを告白し、新たな風が吹きそうです!

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウス軽井沢編の視聴は

 

FODプレミアム
Netflix

 

のどちらかになります。

 

どちらが良いかの比較は別記事にまとめてますので、
用途に合わせて登録して見てみてください!

 

▶【FODプレミアム】と【Netflix】のサービス比較はこちら

 

 

◆SNSでもテラスハウスのあれこれ発信中!◆

★Twitter★

 

★Facebook★

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください