『テラスハウス 軽井沢編』15話副音声ネタバレ!ミステリアス安未に振り回される貴之が遂に決断

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウスを見るならFODがお得!

 

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『テラスハウス』の副音声が聞けるのはFODプレミアムだけ!
  3. テラスハウス【湘南編】、テラスハウス【ハワイ編】、テラスハウス【東京編】も視聴可能!
  4. 8,18,28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば他の作品も無料視聴可能!

 

今すぐ『テラスハウス』を無料視聴する!

※スタジオメンバーの【副音声】が聞けるのはFODだけ!

(FODの登録と解約方法はこちら)

 

こんにちは!『テラスハウス軽井沢編15話』副音声ネタバレを書いていきたいと思います。

普段聞けないスタジオメンバーの声をどうぞ!

先週は安未と至恩の誕生日会で、貴之がついにヒゲを剃りました。

山ちゃん「周りがはやしたててくるのがお気に召さなかったようで…」

一芸持ちに弱い聖南さんはテラスハウスの中では翔平が気になる様子。

今週は翔平と安未のデートですね。翔平は安未の心を開くことはできるのでしょうか??

それではどうぞ~

安未とのデートにタジタジの翔平

午前11時半。

至恩が庭に積もった雪をかき集めて、かまくらを作っています。

翔平は安未と星を見に行く予定でしたが天気が悪いため、カフェのランチに出かけます。安未はハンバーグ、翔平はステーキを食べます。

翔平「安未結構喋らんじゃん。”うん”しか言わんじゃん。だけん、どんな人なのかと思って」

安未は仲良くなったからといって、そんなにしゃべることはないと話していました。

次に翔平は貴之と安未のナイターの話を聞きます。

翔平「キュンキュンした?」

安未「してない」

翔平「もし貴くんが”メッチャ好き”ってのが見えたら?」

安未「言われないと分からない(笑)」

葉山くん「ドライですねー相変わらず」

翔平「安未はどういう所で男を見定めるの?」

高校一年生の時に付き合った彼がいるそうですが、入学式で見た瞬間に一発で”好きだ!”となって、「欲しくなった」という独特の表現をします。

徳井さん「あなたがほしーい♬」

翔平が貴之が嫉妬してるかもと伝えると、

安未「遊びに行かないでって言えばいいじゃん」

翔平「それはまだ付き合ってないし、言えないよね」

安未「嫉妬するわーって言えばいいじゃん」

翔平「プレッシャーかけることになるよね」

安未「かければいいじゃん」と一言。

山ちゃん「もっと好きって伝えてこいってこと!?」

徳井さん「飯食って美味いとか一切なかったね。みんな大好きハンバーグを目の前にしてもニヤリともせんかったな」

至恩のかまくらのレベルが高すぎ

夕方5時半頃。テラスハウスの庭で、至恩がまだかまくらを作り続けています。安未と翔平が帰ってきて驚いています。

安未「寒そうだね」

山ちゃん「ナチュラルにこの子ダメな子なんだな。第一声が”寒そうだね”だったもん」

至恩は5時間くらい雪をかけては水で固める作業を繰り返したそうです。キャンドル置き場が作られていてかわいいです。

3人でのんびりかまくらでティータイムを楽しんでいると、仕事から帰って来た貴之が登場。

貴之「スゲェじゃんこれ。この雪の量でよく作ったね、オレも入れてや〜」

安未が「来んなよ〜」と言って、蹴る仕草をします。

貴之「ヤンキーかよ」

山ちゃん「なんだろ…この子のテンションマックスなのかな〜ずっとつまんないんだよな、こいつが主人公だと」

至恩とつばさが食事へ、間接キス!??

翌日、お昼の12時半。

至恩がコーヒーをいれていると、つばさが登場。至恩が「どっか行く?」と誘い、ランチを食べに行くことに。

トリちゃん「至恩が気がなくてやってるとしたらすごく嫌だ」

着替えてきた至恩がつばさに誕生日にもらったマフラーをしていると、それを見たつばさが「巻いてる〜」と喜んでいました。

トリちゃん「巻くか誘うかどっちかにしてほしい!ダブルはキツい!」

軽井沢にあるカフェで、つばさはハンバーガーを頼み、至恩はサンドウィッチです。

つばさ「超おいしそう!」

葉山くん「(安未と比べて)普通言いますよね!」

徳井さん「こうやって食事が楽しくなるもんやし」

ハンバーガーを頬張ったつばさに「ちょっと交換しよ」と至恩が提案。

至恩はつばさの食べかけのハンバーガーをガッツリ食べていました。

山ちゃん「間接キスだ」

youさん「えーこんなの誰とでもするよ」

山ちゃん「それは軽すぎますって。これだってBくらい」

徳井さん&youさん「Bではない」

徳井さん「彼女がしたら嫌やけど…唾液の交換はできてるもんね」

山ちゃん「だって歯型ついてんだよ!男女で好きでもないのにやったら勘違いしちゃいません?」

至恩は「また今度お出かけに行こうよ」とつばさを誘っていました。

youさん「すけこましなの?」

徳井さん「至恩、コミュニケーションが女子っぽいんじゃない?」

トリちゃん「やだーそれ!わかんないもん」

翔平、安未の”ミステリアス”に翻弄される

ある日の夜。

リビングで貴之、翔平、つばさの3人が仲良く話しています。

貴之が「どうだったの?お出かけしたでしょ?」

翔平は「会話はちょっとあんまり弾まなかったかもしれないですけど」

翔平は前もって安未への質問を20個くらい用意していたそうで、行きの車の中で既に使い果たしたと暴露します。

貴之は大爆笑。貴之も安未とのデート何を話したのかあんまり覚えていないそうです。

山ちゃん「それでもいいのかなあ」

youさん「みんなそれでも好きなんだー」

トリちゃん「それだからじゃないですか」

貴之が安未の事を「ミステリアスだよね…」と語っていました。

葉山くん「ミステリアスになるかなあ…」

山ちゃん「ミステリアスと捉えてくれるんだもんなー楽なもんだよなあ」

つばさが「私も至恩がミステリアスに見えて。2人の方が素で話せる。ちょっとうっすら壁を感じる」と言います。

徳井さん「たしかにフレンドリーな人、独特の壁ってあるよね?」

youさん「ある!ある!ある!」

安未が弱ってる貴之に追い打ち

プレイルームで至恩とつばさ、安未の三人がTVゲームをしています。

至恩によると、貴之は撮影中に高いところから落ちて、
お尻を強打したらしく、撮影を中止して部屋で寝ているそうなのです。

山ちゃん「小室さんがやっと笑ったと思ったら、中村が怪我した話だった」

葉山くん「不幸の話!笑」

至恩「貴くんのお見舞い行ってあげたら?安未が行ったら喜ぶとは思うけど」

安未は嫌そう…。しぶしぶ男子部屋へ。

山ちゃん「周りからはやしたてられるの嫌いだからね」

安未「”お見舞いしに行けば”って言われたから来た」

葉山くん「言わなくていいじゃないですか」

貴之「ありがとう」

貴之「ケツから落っこちちゃってさ今日」

安未「フフフフ、折れないんだね」

貴之「最初歩くのもあれだったけど」

山ちゃん「弱ってる自分見せてるよ、中村さんが」

安未「おじいちゃんだね」

貴之「別に心配はしてなかったでしょ?」

安未「うん。全然してない」

山ちゃん「めちゃくちゃ嫌いじゃん」

徳井さん「この子はすごいなあ」

貴之「まあ打撲だし、痛み引けば大丈夫」

安未「”大丈夫そうだった”って言ってくる」

youさん「ヤバイねー結構」

貴之「それでいいよ」

安未「お大事に」

貴之「ありがとう」

安未「殴ったらヤバい?」

貴之「殴るな」

安未の無愛想な態度に至恩とばっちり!

夜10時半。
男子部屋に至恩が戻ります。

貴之「よこすんじゃねぇよ」

貴之は最初は”安未だ”と思ってうれしい気持ちになったのに、至恩に言われたから来たと心配の素振りもないし、”じゃあ何で来たんだよ”と思ったそうです。

youさん「ふりまわされてるね」

至恩「スミマセン…」

貴之「別に至恩が悪いわけじゃないんだけどさ」

さらに貴之は至恩が作ったかまくらについて

貴之「”俺も入れてー!”みたいな感じでノリよく行ったらさ、安未はそれまで一言もしゃべってなかったのにさ、しゃべった一声がさ”来んじゃねぇよ”っつってさ」

山ちゃん「振り返るといろいろ腹立ってきたわけね」

葉山くん「傷つきますねーそれは」

至恩「全然そんな感じだと思わなかったですけどね」

貴之「オレ結構”えっ何?それ”みたいな。”何だ?こいつ”と思って」

youさん「あ!ちょっと冷めかけてますね」

山ちゃん「さすがに気づくよね。生活を潤滑にしていこうという気もないじゃないですか。すごく嫌い、人として。お見舞い、エゲつなかったなあ」

youさん「”大丈夫?”とかちょっとあればいいんだけどね」

山ちゃん「第一声が”行けって言われたから来ました”って」

徳井さん「喜ぶ隙を与えへんかったもんな」

貴之、安未に5歳若かったらの真相を聞く

ある日の夜8時。

つばさのアイスホッケーの試合に、至恩、貴之、安未で応援に来ています。休憩中、2人になった貴之と安未。

貴之は”5歳若かったら”の言葉の真相を聞きます。

貴之「あれってさ、特に深い意味はないんでしょ?」

youさん「まだ言ってんの?」

安未「あの日の感想って感じ」

貴之「あれはすごいうれしかったけどね」

安未は「うれしいワードだったかな?」と首を傾げます。

徳井さん「嬉しいワードなのかなあーはみんな思ってんねんけどな」

貴之「俺がヒゲそって来てどう思った?」

安未「オモロって感じ。”オモロ”とかヤバいね。」

山ちゃん「たぶん本当に嫌なんだろうな、中村さんのこと。こんなつまんなそうにされるなんてさ」

トリちゃん「好きなのはまあ中村さんのほうですからね」

youさん「お見舞いからテンション下がり気味だったのにもう一回確認していましたね。全部は信じたくないみたいなとこあるんでしょうかね」

徳井さん「”5歳若かったら”というあの言葉を大事に大事にペンダントにいれて首からかけてるもん、中村さんはずっと。あのーこの言葉なんだけどって。”この言葉はまだ僕の中で輝いています”って」

youさん「安未的には”5歳若かったらね”って絶対不可能なことを言ってやったのに、それをお守りにしやがったから”マジか!”ってことですよね」

徳井さん「お前ん家の前でウンコしてやったら、そのウンコを大事にしやがったっていう」

つばさちゃんはこの日の練習試合は惜しくも負けてしまいました。

安未みんなの前で安未なりのバリアー?!

その日の晩。貴之、至恩、安未、つばさで晩御飯を食べています。

つばさ「もし勝ってたら調子に乗ってたと思うから、負けてよかったかも」

すると急に安未が「めっちゃ質問された」と言い、貴之を冷たい目で見てアゴで合図します。

つばさ「何を?」

葉山くん「アゴで!?」

安未「5歳若返って欲しいっていうのは、どういう意味で言ったの?みたいな」

トリちゃん「ここで言うんだ」

至恩「答えは?」

安未「何て言ってたっけ?」

貴之「”スノーボード行った時の感想”って言ってた」

安未はちょっと笑ったあと「そうだった」と言います。

トリちゃん「これはちょっとひどいかも。ここで言わなくても」

つばさ「ヒゲはもう剃らないの?」

貴之「まあ、そらないね」

つばさ「絶対ないほうがいいよね」

安未「ないほうがいいうちは、ないほうがよくない?」

貴之「いや、俺が好きだからよくない?」

安未は「オーケー」と首をかしげます。

山ちゃん「意思表示ですね」

youさん「あ!やめた」

安未とつばさが部屋に戻り、貴之と至恩だけに。

至恩「4人の状況であの話を切り出すのはちょっと…安未なりのバリアーなのか分かんないですけど」

貴之「何考えてるのか全然分かんないんだよね。ん〜無理!」

youさん「そうだよねー」

山ちゃん「そこまで馬鹿じゃないよ、中村さん」

貴之は自分がダサかったと表現します。

徳井さん「しょーがねーよ」

至恩がダサくはなかったと頑張った貴之を励ましていました。さらに至恩は次のデートで自分から、つばさにアピールする宣言をしていました。

馬場ちゃん「本当かな?まだ少しだけ信じてないですよ」

まとめ

安未ちゃんの貴之への態度が冷たすぎます。でも貴之のこと本当に嫌いで甘えた感じ出されたら嫌かもしれないですけどね…露骨すぎる!

遂に貴之も無理!という気持ちになってきたしまいました。

来週は至恩の告白が見れるのでしょうか??

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウス軽井沢編の視聴は

 

FODプレミアム
Netflix

 

のどちらかになります。

 

どちらが良いかの比較は別記事にまとめてますので、
用途に合わせて登録して見てみてください!

 

▶【FODプレミアム】と【Netflix】のサービス比較はこちら

 

 

◆SNSでもテラスハウスのあれこれ発信中!◆

★Twitter★


 

 

★Facebook★


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください