『テラスハウス 軽井沢編』14話副音声ネタバレ!至恩と安未のバースデー!つば冴のサプライズは成功する?たかさんはヒゲを・・・!

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウスを見るならFODがお得!

 

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『テラスハウス』の副音声が聞けるのはFODプレミアムだけ!
  3. テラスハウス【湘南編】、テラスハウス【ハワイ編】、テラスハウス【東京編】も視聴可能!
  4. 8,18,28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば他の作品も無料視聴可能!

 

今すぐ『テラスハウス』を無料視聴する!

※スタジオメンバーの【副音声】が聞けるのはFODだけ!

(FODの登録と解約方法はこちら)

 

前回、スノボのナイターへ二人で出かけた貴之と安未!

「どうしてみんなを誘わなかったの?」と聞く安未に、

たかさんは答えをはぐらかしてしまいました。

良い雰囲気だったのに、一気に安未の中で『つまんな!』になってしまった一方、

たかさんは翔平の前で、安未が好きだと宣言。

貴之・翔平・安未の気持ちはどうなっていくんでしょう?

 

そして、もうすぐ至恩と安未の誕生日。

つば冴は東京まで至恩の誕プレを買いに行き、サプライズすることに。

たかさんも安未の誕プレを用意していました。

至恩の気持ちはつば冴に傾くんでしょうか?

 

14話のネタバレを、スタジオメンバーの副音声とともにご紹介します!

 

貴之&翔平、男の約束

 

至恩と安未のバースデーパーティーの当日。

貴之と翔平が車で買い出しに出ています。

 

山:井上三太の漫画に出てきそうな二人だな

TOKYO TRIBE的な

 

翔平は貴之に、いつから安未のことが好きなのか確認。

 

山:探ってんなー

Y:まあでも、良いよね二人とも

 

翔平は、自分が今度デートに行くことで

「もしかしたら何かあるかもしれないけど、恨みっこなしで」

正々堂々と、自分も安未を狙いに行くことを伝えます。

九州男児ですから

 

山:お!宣戦布告?

 

貴之「俺、男の恨みっこなんて一個もしたくないからね」

男臭え・・・!

 

徳:おおー

山:うそ!?俺、男の恨みっこばっかしてる

スタジオ(爆)ww

山:俺、恨みっ子ちゃんだからなー

 

貴之「あー、いいよ。そん時はそん時だよ」

翔平「そん時はそん時だよね」

 

徳:おお、恨みっこなし?男っぽいね!いいよ!

Y:うん、いいよ!

 

軽井沢プリンスのショッピングプラザ。

二人はパーティーの飾り付け用に、カラフルなバルーンを物色しています。

急にカワイイおじさんたち

 

山:こういうの飾って誕生日パーティーやってインスタ上げてる人って、俺、信用できねーんだよな

葉:ww偏見ですよ(苦笑)

トリ:何ですか?何ですか?

山:こういうの飾ってさ、『誕生日パーティー!』って言ってる友達の間に、友情って無いと思ってるから

馬:そんなことない、そんなことないww

Y:えー?あるよぉー?

徳:小澤(スピードワゴン)やってくれたよ?おじさんがおじさんに、飾り付け

馬:え?優しいーw

Y:かわいいーw

 

その夜、貴之と翔平が二人でせっせと飾り付けをしています。

買ってきたバルーンを膨らませたり、黒板に大きなケーキの絵を描いたり。

その出来映えに、

貴之「あれ?いいじゃん?」

翔平「え、超良くない?」

いいコンビだなー

 

山:こいつら、いいやつだな!!

Y:なんか、翔平けっこう・・・

山:思ったのと違いますね、翔平さん

Y:ね!

 

プレイルームではつば冴が一人、至恩のために飾り付けをがんばっています。

全女子が応援してるよ

 

馬:かわいいなー!

トリ:すごいなー!ますます応援したくなる

 

ヒゲよ、さらば

 

夜9時。

たかさんに連れられて、目隠しをしながらダイニングに入ってきた至恩と安未。

部屋の中を見ておどろく至恩。安未はまったく動じず。

聖南と翔平がクラッカーを鳴らし

「イエーイ!ハッピーバースデー!!」「おめでとう!」

 

山:へたくそ、タイミング!せめて着席してからだろ?

馬:『パーン!』のタイミングww

乾杯の音頭は安定の寮長

 

みんなで乾杯して、パーティー開始です!

 

葉:安未はこういうの、何にもびっくりしなかったっすね

山:死んでるからね、心が

Y:ww やめろ

トリ:ちゃんと喜んでますよ?

これが心が死んでる人の表情です

 

徳:でも『わー!』欲しいね

葉:今、一切無かったですよね

徳:『なあに?なあに?』みたいなん欲しいけどなー、普通に考えたら

山:でも、それがいい!っていう人がいるんですもんねー

  目をパチパチしながらこんな首の角度になります?むち打ちしてんのかね?

トリ:いやいや、恥ずかしくてなかなか・・・

山:喪中か!このやろー

Y:ほんっとに顔に出ないんだねー・・・

徳:心では思ってんのかな?

山:やだわー。ほんとに楽しくないんだろうなー

 

みんながごちそうをつついていると、たかさんが翔平を「ちょっと」と連れ出します。

?という顔の至恩。

翔平はケーキの用意をしに男子部屋へ。

後ろのムラサキスポーツの主張が激し目

 

トリ:バレバレ

馬:ヘタクソーw

徳:この二人ヘタやわー

馬:全員が気づいてる

 

たかさんは洗面台でヒゲを剃っています!

こんな真剣にヒゲ剃ること人生であんまりない

 

山:あわわわわ!!www

徳:今剃る!?

馬:ええ?今ー?

山:えー?絶対違うよ?!

Y:違うとは思うけど。一番最悪なのが『気が付かない』っていう・・・

 

ジョリジョリからのOPへの流れにスタジオの爆笑が止まりません!

 

Y:男の子のヒゲって、自分らが思ってるほど、こっち(女子は)分かんないんだよね。

山:気付かないパターンっすか?

Y:それは大丈夫かな?

山:『ああ、剃ったんだ』ぐらいじゃないですか、たぶん?

  マジでノーアテンションだと思いますよ

馬:ね!ノーリアクションの可能性高い

山:それが若さと直結してるとか、思わないだろうし

徳:誕生日のあの飾り付け見て、あのぐらいのリアクションやろ?

山:最後の良心の確認ですけど、あれ、カットしてんの?

  え?まんま?

  いや死んでるっしょ、人間として

徳:ガチャっと開けて、あれ目に飛び込んできましたよね?

  飛び込んできてあのリアクションですか?

Y・馬:すごいなー

トリ:あれ?でもあんな・・・

山:クールとかって次元じゃなくない?

葉:ちょっとものすごく気になりますよね

 

翔平が部屋に帰ってきて電気を消すと、

続いて貴之が、キャンドル付きのケーキで顔を隠しながら、部屋に入ってきました。

翔平がハッピーバースデーをいい声で歌います。

 

安未ちゃん、気付いてあげて・・・!

 

山:あ!ヒゲ隠してます!

徳:ヒゲ隠し!ケーキでヒゲを隠す!

山:メインはヒゲですからね!

 

安未がスマホで写真を撮り始めました。

 

Y:でもさ、ケーキ見てるからヒゲ気付かねえって

山:ww 悲しい

Y:歌うまいと思ったら翔平!

トリ:本気で歌ってるー

ええ声や・・・

 

たかさんが一緒になってフゥー♪と歌うと、聖南さんの「雑音!」というツッコミが。

 

山:かわいそうww 小室、翔平撮ってたし

徳:気付いてくれ、ヒゲに!

 

歌終わりでたかさんがケーキをテーブルに置き、キャンドルを吹き消す主役たち。

 

Y:これ、電気ついて気付くかな?

馬:気付くかなー?

山:さあ、今回のハイライト!カモン!

  電気、翔平おまえ付けに行け!

Y:なんか気付かない気がすんだけど

 

聖南「ステキ、ステキ」

貴之「いやあ、緊張したよ」・・・と言いながら電気をつけに行きます。

 

明るくなって、安未の隣に座るたかさん。

 

Y:誰も気付かないパターン、あるからね

 

つば冴が爆笑し始め、至恩が「フォトジェニック~」とたかさんの変化に気付きました!

違和感半端ない

 

「何?なんかおかしいことある?」すっとぼける翔平。

つば冴「触れた方が良い?」

ふと横を見た安未、やっと気付いて「待って!わかんなかった」と爆笑!

 

つば冴「すぐ分かった!」

聖南「若くなったね!」

至恩「そんな唇してましたっけ?」

翔平「そう。彼はそんな唇をしているの」

 

ヒゲナシたかさんを見て、スタジオも

山:若くなった

徳:こっちの方が良い

馬:ね、こっちのが良いよね

Y:こっちのほうが良いわー

山:寮長感がなくなったね

トリ:間宮祥太郎くんに似てる

と好評です。

 

安未も面白がって「そんな口してんの?」と笑っています。

わりと好反応・・・?

 

貴之「どう?」

聖南「素材出てきた、素材」

至恩「ウルトラマンみたい」

つば冴「なんで剃ったの?」

 

山:言え言え、そこはもうハッキリ

 

貴之「いやなんか、若返ろうと思って」

とたんに笑顔が引っ込む安未。

 

山:その顔なんなの一体?

 

聖南「若返ったよ!大成功だね」

援護射撃する聖南さん。

 

山:聖南さん、ほんと妖怪人間ベラみたいになってくるな、どんどん

葉:早く人間になりたい

 

たかさんがチラチラと視線を向けると、

困ったように「おもろい、おもろい」と言う安未。

 

山:つまんねーな、この女

 

それぞれに用意したプレゼントを渡していきます。

聖南から安未へのプレゼントは、ジバンシィのグロス。

安未「わー!ヤバーい!!」

珍しくテンションの上がる安未、嬉しそうです!

小室さんMAX の笑顔(希少)

 

葉:あ、でもちゃんとこういう時は

Y:喜んだ!

葉:喜びましたね!

徳:やっぱり、パイセンは怖いんじゃないですか?

 

翔平からはベレー帽!

安未は喜びながら「おそろい?」と翔平に聞きます。

姫の前に貢物が次々と

 

徳:まあ、似合うな?

馬:かわいいわな?

山:こういうことでしょ、男たちはみんな自分に貢いでナンボだと。

  これが正しい姿だと思ってるんでしょ?だから笑ってんだろ!?

徳:この子、モノもらうとか好きそうやな

Y:大好きだねー

 

つば冴はプレゼントが二つ入ったMilkfed.の紙袋をそのまま渡しました。

安未「どっち?」

つば冴「両方、両方。二つとも」

え?という顔の至恩、「一個、俺のとかじゃないの?」と軽く拗ねています。

絵ヅラが濃ゆい

 

つば冴「ショーンは、マジごめんだけど、また用意するね」

 

山:あ、サプライズですね?サプライズ振ってます、今!

Y:って言っといてー

葉:ああ、前振り?

 

たかさんは深々と頭を下げながら渡しました。

聖南「結婚してください!みたいな渡し方っぽくない?」

 

山:ここ早送りでいいんじゃない?

  モノもらってニヤニヤしてる人間見てても、楽しくもなんともないわ!

Y:やめろ?

馬:笑

山:こいつがモノもらってる姿見て、こんな不愉快なの俺だけかな?

徳:珍しく笑顔やもんね、プレゼント好きやなー

山:気持ち悪くないですか?

馬:すーごい嬉しそう

Y:ね、プレゼント大好きだねー

山:やっとメリットがあった、ってことでしょ?ここに住んで

 

プレゼントで盛り上がっている中、

至恩「意外とこんな時間」

つば冴「じゃ、そろそろ私は・・・」

至恩「おねむ?」

つば冴「明日早いんで」

と言いつつ、翔平にアイコンタクトをするつば冴。

スタンバイ!

 

山:あっほら、始まりますよ?

Y:あーもう、がんばるなぁつば冴。つば冴ー、頑張れー!

山:そっかそっか、これで待ってるわけか

徳:待ってるんや?

葉:うわー!

Y:で、翔平が気を利かして「ちょっと・・・」って

山:ただ、仕掛け人めっちゃヘタですよ?さっき見てたとおり

 

つば冴のサプライズ!至恩の反応は?

 

つば冴が部屋を出ていくと、急に翔平が至恩をプレールームに誘います。

ダイコンにもほどがある翔平

 

するとたかさんが「あのー、俺洗いますから!誕生日の人はサボってください」

 

山:ほら、始まったw ヘタクソ!仕掛け人中村、緊張してんじゃん!

 

至恩と一緒に部屋を出た翔平は、トイレに行くと言って、

至恩をひとりでプレールームに行かせ、誘導成功!

階段で、つば冴が隠れて様子を見ています。

”カワイイ”以外の形容詞を教えてください

 

至恩が部屋に入ったのを確認して、急いで降りていくつば冴。

トイレからちらっとのぞいた翔平とタッチして、至恩を追いかけます。

 

Y:いやーー!かわいいーー!

馬:かわいいー!あー、かわいい!!

女子勢、キュンキュンです!

 

部屋に入ったつば冴、「ショーン!!おめでとう!!」

 

至恩「え!?マジか!寝たんじゃないの!?」

つば冴「寝てないよぉ」

 

葉:おおー、来た!

山:1対1だ!

徳:タイマンや、タイマンや!

馬:かーわいいなー、もう

 

つば冴「無いわけないじゃん、誕プレ!」

プレゼントを渡します。

キャプテン、タイマン張ってます

 

山:これは・・・どういうことになるのか?1対1だよ?

徳:すごいちゃんと可愛くしてるやん、部屋

 

至恩「ありがとう!こんなことになってたんだ?」

つば冴「そーだよ!23歳!」

ほんとカワイイ(語彙力)

 

山:うわ!これ、なんか・・・これはけっこうじゃないですか?

葉:いやー、どうなるんでしょうね、これ

馬:あー、なんか胸が痛い

 

至恩は「ちょっと開けていいですか?」とプレゼントを開けながら、

ラッピングに付いていたお花を髪に挿します。

ちょいちょいこういうの挟んでくるよね

 

つば冴「そういうの、やりがちー」

 

徳:やりがちか?

山:こういうこと、やりがちな人っている?

馬:会ったことないよ?

山:ハイジがやってたね、昔。そういえば

 

プレゼントを「たいしたものじゃないよ」と謙遜するつば冴に、

至恩「いやもう、これがすごいわ」と部屋の準備に感動しています。

 

山:そうだよね。これ全部作ってるんだもん

葉:一人でね、やってましたもんね

徳:普通の人のリアクションってこんなもんやな・・・?こんなもんなんかな?

  『うわーー!』って言うよな、俺らやったら?

馬:言いますね。イエーイってなりますよね

徳:マジかー!ってなって言うてまうもん

山:ちょっと待ってよーとかってね

 

プレゼントの中身はマフラー。

至恩はグルグル巻きに巻いて、つば冴に「いや、巻き方!」とツッコまれます。

高橋〇生かよ!

 

山:さあ、これで気持ち変わったりとかすんのかな?

葉:いや・・・どうなんでしょう

Y:どうすんの?

 

このサプライズは吉と出るのか・・・

 

つば冴「23歳。ステキな1年に」

至恩「いやマジ・・・ちょっと、嬉しいわ。シャレてんなー」

 

山:枝取れよ、まず。そのちょっとふざけた枝・・・あ?ちょっと揺らいでんじゃない?

馬:揺らいで!頼む!

 

至恩「なんでそんなにショーン驚かそうとすんのよー?」

つば冴「え?最近落ち込んでたから」

至恩「そんなに?元気なかった?」

つば冴「うん。なかった」

至恩「・・・幸せっす」

 

山:え?なんで落ち込んでたんだろう?

Y:オーディションとか、ダメだったのかな

山:あ、そういうことですか

 

スタジオトークに入り、YOUさんと馬場園ちゃんは「んーーー・・・」と微妙な感じ。

みんな、このサプライズがきっかけで、

また至恩がつば冴を「好き」という方向になるかも、と期待していましたが

YOU・馬場園・徳井・葉山は「なさそう」

トリちゃんと山ちゃんは「あるかも」

意見が分かれ、ヤキモキしています。

 

安未については「やっと喜ぶことに慣れてきたAI」説が浮上。

徳井さんは「この6人、いい子たちやけど、エンタメ能力低いなー」と総括していました。

 

たかさん、想いを伝えるも・・・戸惑う安未

 

スタジオ明け、ダイニングに残っている4人。

聖南が貴之と安未に「何回もデートしてるけど、どうなの?」と聞いています。

志村けんさんかな?

 

山:このタイミングで聖南さんが冠かぶってんの、すごいね

 

聖南「今日のおヒゲ剃ったり、すごいグッドだったよ!」

 

山:ルー大柴さん?

Y:いいね、推すね

 

安未「5歳若返って、って言ったから?」

こっ恥ずかしそうなたかさん「・・・うん。そうだよ」

全力で照れてるおじさん

 

しかし安未は視線を落として不機嫌そう。

 

徳:え?

Y:あれ?

山:おい、どういう環境?

 

「めっちゃ困ってるやん!」と言う翔平に、聖南さんが

「違うの!安未はね、表情に出さないで内面で感じる子だから大丈夫」

ティアラが極めて自然に見える不思議

 

山:じゃあ、言っちゃだめじゃない?

 

貴之「わかるの?聖南さん」

聖南「安未ちゃん意外と、はっきり言わなきゃ分かんないから!だから私通して言ったの」

貴之「まあ、ちょっと若返りたいって気持ちはありました」

聖南「余計なこと要らない」

 

山:はっきり言ったじゃん、だから!

  コリアンタウンのめちゃくちゃ当たる占い師みたいだな!

徳:今その片言感あったよな

馬:『余計ナコト要ラナイ』

山:『余計ナコト要ラナイ、オマエバカカ』

徳:『オトコダロ?』

 

安未「厳しいな」

貴之「若返りたかったんです!」

聖南「だって。安未ちゃん?」

 

安未は、うんうん、と浮かない顔で聞いています。

鮮度の落ちた魚の目

 

徳:え?こう来んの?『だって』って

葉:どういうことだろう、これは?

山:どう思います?

徳:安未ちゃん、独特の表情やな

山:いよいよヤダな、俺マジで。普通にストレスになってきた

 

貴之「ナイター誘ったじゃん?安未とナイター行きたかった、っていう気持ちはあったの」

安未「・・・」

貴之「だから改めてこの間誘ったでしょ?それもだから、安未と二人で、改めて・・・もう一回誘いなおし」

安未はただ「うん、うん」とうなずいています。

 

山:一回プレゼント見直してみ?笑えるから

 

貴之「それはちょっと分かっておいて?・・・困ってない?」

安未「いや、いろいろ考えてる」

貴之「考えてるのか。そっか。そっか・・・」

 

山:つまんねーな、こいつ!ほんとに

徳:バカみたいに自分のこと好きじゃないと嫌なんちゃう?やっぱり

馬:うーん、そうなんでしょうね

 

女子部屋へ帰ってきた安未。みんなからのプレゼントが並べてあります。

 

安未「まずだ。まず、どうだった?」

つば冴「普通にワッ!て渡して、喜んでくれたっぽい」

安未「ご飯行こうよ、は言わなかったんだっけ?」

つば冴「言えなかったー・・・それはまだ別で」

 

山:言えなかったかー

Y:照れるよねぇ

 

安未「聖南さんが『そこの二人どうなの?』みたいな・・・」

つば冴「あー、たかさんと安未?」

 

山:ミス・ガサツね

 

安未「はやし立てるじゃないけど、何回も二人で遊びに行ってるのに、どうなの?みたいな。

・・・けっこう、無理だった」

安未は、別にふたりで遊びに行ったからと言って、いい感じなわけではない、と愚痴ります。

だってみんなタイプじゃないんだもん

 

徳:ああー、聖南さんにあんなガツガツ言われるのが嫌やったんや?

 

つば冴「この状況、何?みたいな?」

 

Y:ああ、それがダメだったの?

徳:いろいろ難しい子やなあ、この子

Y:難しいなーw

 

つば冴「たかさん、あんなに頑張ってるのに」

安未「ね、すごい優しい人だね」

 

山:思ってないだろ!なんでこんな、つまんなそうにできるの?ずっと

 

一方、男子部屋では貴之と翔平が至恩にサプライズの感想を聞いています。

修学旅行の夜感

 

至恩「いやまあ、正直・・・ドキドキしましたね」

翔平「それはするか、そこまでされたら」

至恩「マジで、幸せっすわ」

 

つーちゃん!やったね!

 

スタジオ一同、え?あ!ええー?おおー!!と母音しか発音していません!

 

徳:あ、あ、動いたか?

Y:え、そっち?

 

至恩「23歳、今までで一番いい誕生日でしたね」

翔平「つーちゃん、マジ粋なことするっすよね」

 

馬:うっそ、マジ?

トリ:よっしゃ!!

山:逆転!?

 

至恩は今までつば冴の気持ちを探り探りだったけれど、友達だと思われてると感じていたので

今回のサプライズは衝撃的だったそうです!

 

たかさんもニヤニヤが止まりません。

貴之「つば冴のことを気にしてたわけじゃん?

今日のアレを食らって、どういうふうにショーンの気持ちが飛び散ったんですか?」

インタビューが始まりました。

 

徳・Y:いいよー!

 

至恩「単純明快っすよね・・・かなり、グッときましたね

 

どよめくスタジオ!

トリ:やったー!ありがとうございます!

山:トリちゃん、おめでとう!やっぱでかいんだね、ああいう事って

Y:良かったじゃん!

馬:マジで嬉しい・・・

トリ:良かったーー!今の言葉があれば、ぜんぜん(聖南さんと)ランチとか行っていい!

一同:(爆笑)

山:許可出ました!ww

 

翌朝、コーヒーを淹れている至恩。

 

山:一気にまた、いいやつに見えてきましたね

トリ:見えてきましたねー

 

つば冴が起きてきて「おはよう」と声を掛けます。

至恩もいつも通り、「おはよう」と返します。

 

葉:なんか、いいなあ!

徳:いいよね!

 

昨日の夜はよく眠れなかったというつば冴。

 

徳:ドキドキしたんやろ?

Y:ドキドキしたんよ!

徳:どう思ってくれたかな?つって

 

至恩「昨日、マジありがとね」

嬉しそうに「いいえ!良かった、喜んでもらえて」と答えるつば冴。

 

山:これちょっと、これちょっと急展開じゃないですか?

 

至恩「度肝を抜かれた」

つば冴「ドキドキしたー!緊張した!」

 

葉:ドキドキして、ああいう感じになっちゃったのかな?至恩くん

山:そういうことかー、トリちゃんの勝ちだ

 

超眠い、と言うつば冴に、甘いコーヒー飲む?と聞く至恩。

つば冴は「飲むー!じゃ、やめるー」と出してきたオレンジジュースをしまいに行きます。

キュンキュンやないかーい!

 

Y・徳:かーわいいねーー

葉:かーわいい!

山:はあ、ああいうのやっぱ大事なんだな。

 

至恩とつば冴は、また二人で出かけよう、と約束をします。

 

トリ:やったーー!!

 

つば冴のホッケーの試合の対戦相手が決まったようで、

至恩「前回負けたとこ?」

つば冴「3回戦くらいでたぶん当たるから、マジで雪辱晴らす!みたいな」

来週は軽井沢で練習試合もあり、

至恩「空いてたら見に行こう」

つば冴「それは燃える・・・それは燃える!」

 

山:これまた空気戻ったなー、昔の感じに

Y:えー良かったぁ!余計な心配をしてしまいました

山:やっぱ単純なんだな、世の中

Y:考えすぎなのかなぁ?わたしたち・・・

 

『甘過ぎないコーヒー』を飲みながら、至恩の顔を見つめるつば冴。

カフェラテのCMとか来そう

 

山:ほらもう、好きじゃん!

  なんか急にまた、よりぐっと近づいた感じするね

Y:かーわいいー

葉:こんなに見え方って変わるんだなっていう

山:そうだよね、なんかちょっと柔らかく見えるもんね

Y:またこの技術さんの寄り方も良いですよ?夜明けてからの

山:大事なんだなーああいうの

馬:素晴らしい・・・

 

つば冴「人のプレゼント考えるのって・・・いいね。楽しい」

 

山:言うねえ、これ告白じゃん、もう

 

つば冴「いいね。想像しながら考えるの」

 

山:ほら!『想像しながら考える』は2回考えちゃってるけどね?

 

至恩「想像通り?」

つば冴「想像通りだよ!」

至恩「・・・まいったな」

 

山:『まいったな』って w『まいったな』って言うんだな、人って

 

聖南&華、レジェンド・トーク

 

場面は変わって、恵比寿のバーで、聖南さんが誰かと待ち合わせのようです。

 

山:だれか旧メンバー来るんじゃないですか?

徳:レジェンドの香り?

 

登場したのは、今井華さん!

レジェンド降臨!!

 

Y:あー!

山:顔、真ん丸になったな!

徳:懐かしいな、今井!

 

華さん登場に沸くスタジオ。

ちょっと頬がふっくらしているのを見逃さない山ちゃん。

 

聖南さんは「肩慣らしに」と迎え酒。

華さんは今年26歳、もう5年ほどの付き合いになる二人です。

 

徳:ちょっと今井、なんか大人になったなあ

山:ひと騒動あった後の小森純みたいな顔してる

トリ:華ちゃん、別れちゃったんでしたっけ

Y:華、誰と付き合ってたっけ?

トリ:大樹と付き合って・・・

Y:付き合ったっけ?

山:キスしてたのは俺、覚えてますけどね?

 

結婚はまだだなー、とぼやきつつ、現在テラスハウスに住んでいることを話す聖南さん。

普段着でここまで肩出てる人

 

華「うそでしょ?今、軽井沢じゃん?」

聖南「やっぱ出会いの場ってそこかなって思って」

二人、顔を見合わせて爆笑してしまいます。

 

テラスハウスの申し子よ・・・

 

25歳から、テラスハウスでしか恋愛していないという聖南さん。

 

山:そう考えるとすげーな

Y:そうかぁ

徳:テラハっ子や、完全なる

 

華「好きだねー?」

聖南「大好きー!」

 

山:ありがとね、ほんと

徳:この二人のトーク、安定感あるな。聞きやすい!

山:エンターテイメント性だもんね

 

顔が可愛いのは至恩、と聖南さんが言うと

華「もー!若いの好きだよなー!」

 

トリ:至恩には手を出さないで!

山:オバちゃんww

徳:おっさん同士の会話でもこういうのあるけどな、『お前、若っかいの好っきゃなー』って

 

聖南さん分析では、たかさんは兄貴気質でちょっと頑固、バランスで言うなら翔平がいいそうです。

聖南「家にいると結構ダサいの。でもステージで歌うと、まあまあセクシーなの」

 

Y:マジか!

山:あー、ベタだなぁ、ほんとに

 

華「フェロモン感じたんでしょ?」

聖南「フェロモン感じないとね、男感じないよね?」

華「そこ、すっごい重きを置いてるよね」

説得力がありすぎる

 

Y:まあ、たしかにねぇ

山:喫茶店ですげーうるせえヤツの隣に座っちゃった感じだな

 

聖南「家にいるときは15%だけどね、ステージでは150%のパフォーマンスしてくれるの」

 

山:『パフォーマンス』ww 聖南さんは家で100%やってるから大丈夫!

Y:面白いなぁー

山:やっぱ、この子たちのほうがテレビ上手だな

Y:もうだって、プロっていうか

山:セミプロですもんね。見れるな、長時間の会話も

 

聖南さんは、メンズがあまり女子を意識していないから、モチベが上がらない、と辛口です。

 

その後のスタジオトークでは、安未のたかさんへの態度に、山ちゃんが激怒。

 

山:この世界でテレビ一緒にできると思うなよ?二度と絡まないぞ、俺は!

トリ:大人なんだから、若い子にはせめて言い方ってものがありますでしょう?20歳の子に

山:俺と20歳しか変わらないじゃねえかバカ野郎!

トリ:20歳って、倍も生きてますよ?

徳:冷静にめっちゃ言われてるww

 

そして至恩とつば冴推進派のトリちゃんは、

感謝のお誘いなんていらない、とにかくうまくいってほしい!と切望。

徳井さんとYOUさんは、まだどうなのかなぁ・・・と懐疑的です。

 

三角関係を心配するつば冴・・・翔平は全力宣言

 

トーク明け、夜の女子部屋につば冴が一人でいると、トントン、とノックが!

 

山:至恩?

Y:あー!来たー!?・・・ああ、翔平?

 

至恩ではなく翔平がやってきて、みんながっかり。

トリ:何?何しに来たの?

山:この二人の絡みに尺取られてほしくないんだけど

 

24日の安未とのデートについて、相談に乗ってほしい翔平。

つば冴「どこ行くとかは聞いてない」

翔平「『天空の楽園』っていう素敵な名前の、プラネタリウムというか・・・」

彼はまだ安未に幻想を抱いてる

 

山:そういうの、クソほど興味ないと思うよ?わかってないねー全然

徳:何人かの男が撃沈してる『安未とのデート』という非常な難題に・・・

山:プラネタリウムって言ってましたよ?絶対無理でしょ

葉:寝ちゃうんじゃないですか?

 

でもその『天空の楽園』が雪で行けないかも、ということで、

他にいいスポットは無いか、聞きに来たという翔平。

 

山:アウトレットでクレジットカード出せば一番喜ぶよ?

 

つば冴は「こじゃれた所より、馴染みやすい店のほうが結構好きだと思う」とアドバイス。

 

山:そんなんじゃなくない?なんであんな女を中心にこんなになるの?

 

「たかさんが安未のことを好きだって言ってるけど、気まずくないの?」と心配するつば冴。

 

翔平「男だけん・・・俺は大丈夫かな」

つば冴「たかさんとか、意外と気にしてそう。そういうの」

自分も気にするタイプだからわかる人

 

翔平は、裏で誘うより表でやったほうがいいかな、と思ったそうです。

 

山:宣戦布告したからね

葉:ガツガツ系なんですね、やっぱ

徳:九州男児やな

山:肥後もっこす

Y:ね、肥後もっこす

山:確かにあれ、宣言されるほうは『嫌だ』って言えないもんね

葉:うん、言えないですね

 

貴之と安未が付き合っているわけでもないし、もっとラフに考えている、と言う翔平。

間違った方向に行きそうやね

 

徳:温泉一泊旅行するわけやないしね

Y:どうなのかな、男の人って・・・うーん?

 

白銀の軽井沢、安未をめぐる三角関係はどうなるんでしょう!?

 

次回に続きます!

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウス軽井沢編の視聴は

 

FODプレミアム
Netflix

 

のどちらかになります。

 

どちらが良いかの比較は別記事にまとめてますので、
用途に合わせて登録して見てみてください!

 

▶【FODプレミアム】と【Netflix】のサービス比較はこちら

 

 

◆SNSでもテラスハウスのあれこれ発信中!◆

★Twitter★


 

 

★Facebook★


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください