『テラスハウス 軽井沢編』5話 副音声ネタバレ!雄大パピーのカードにみずきの怒り爆発、至恩&つば冴は足湯デート!安未の名言も

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウスを見るならFODがお得!

 

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『テラスハウス』の副音声が聞けるのはFODプレミアムだけ!
  3. テラスハウス【湘南編】、テラスハウス【ハワイ編】、テラスハウス【東京編】も視聴可能!
  4. 8,18,28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば他の作品も無料視聴可能!

 

今すぐ『テラスハウス』を無料視聴する!

※スタジオメンバーの【副音声】が聞けるのはFODだけ!

(FODの登録と解約方法はこちら)

 

 

『テラスハウス軽井沢編』、前回は安未が雄大に泣かされてしまいましたね。

モデルになるの?就活しないの?と、上から目線で言われる安未がかわいそうでした。

山「あそこはぶつかりそう」

馬「お前に言われたくないよ、ってのは絶対あるもんね」

安未に将来のことを問い詰めてしまった雄大も、

まだバイトの面接を受けに行っただけ。所持金2,000円の無職の分際で、

アウトレットで「パピーのカード」で高級品を買っていたらしく、

それがみずき姐さんをイライラさせているようです。

ここからは、スタジオメンバーの副音声トークと共にネタバレをご紹介します!

 

みずきvs.雄大、衝突!

ダイニングでビールを飲んでいるみずき。

すでにけっこう空けているようです。

みずき「6本缶買うのやめとこ。あったら飲んじゃう」

 

山:みずきさんだけ、まだ何もないんですよねー

 

つば冴が先に寝に行って、たかさんとみずきが残りました。

みずきが、アウトレットで雄大が安未を誘った話をたかさんに報告します。

安未的には可もなく不可もなくで、雄大が好意持って誘ってたら違ったみたいと言います。

 

山:え、じゃちょっと意識してるってことですか

徳:安未ちゃんは雄大が自分に興味ないと思ってんの?

Y:そうみたい

 

フォローしてやろう、というたかさんに、

雄大に関しては説教しか出てこない、というみずき。

貴之「あんま説教しないであげて。成長の速度は人それぞれだからね」

 

徳:溺愛してんな、中村さん

山:(成長)ゲキ遅だよ!自分の好きな気持ちはどうすんの中村さん?

Y:やさしいなーNPO

 

雄大がアウトレットでパピーのカードで買い物していたことにイライラした、というみずき。

 

徳:やっぱ酒入ると饒舌やな

山:前までミステリアスな感じだったけど、今日は人間味があるというか

 

みずき「わたし超イライラしたもん、こいつ何なんだろうって思って」

 

山:お!いい顔してきたよ?これはちょっと今日揉めそうですな!

山ちゃんは波乱の予感にワクワク。

 

みずき「子供だなーはいはいはい、ってのも逃げなんだよ、たかくん?」

 

山:わー怖そう、この人

徳:流れ弾がw

 

雄大とは一度語り合ってるし、俺は見守ってる、と言ってトイレに去るたかさん。

 

徳:逃げた感あるな

山:めんどくさかったでしょうね

 

みずきの飲んだビールの空き缶、この時点で6本!

徳:うわ!いったなー!

 

みずきがひとりでビールを飲みながらスマホをいじっていると、

たかさんが雄大と至恩を連れてリビングに帰ってきました。

廊下まで話が聞こえていたそうで、雄大はきまり悪そうにしています。

 

パピーのカードについて、みずきがどういうつもりなのか聞くと

雄大「あとあと返すよ、全部」

 

山:wこれダメな奴ですね、返さないからね、こーゆーやつ


 

雄大「俺ン中でちゃんと計算してるよ全部」

みずき「返すんじゃなくて自分で払う考えはないの?」

雄大「お金の都合があるから。だからみんなクレジットカード使うじゃん」

 

徳:パピーはクレジットカードじゃないからね!

 

みずき「だからダメなんだってば!」

雄大「最終的に返したら別に良くない?」

 

山:はは、これ闇金ウシジマ君で失敗するやつじゃん

トリ:そういうふうに言っちゃうのが恥ずかしいことなんだよって・・・

Y:そーよねー

 

みずき「人に肩代わりしてもらうくらいなら買わなきゃいい」

雄大「自分でクレジットカード切ってる感覚と同じだよ!」

 

徳:あら?逆ギレ?

葉:逆ギレですね

トリ:カッコ悪いよ、って

Y:そのほうがカッコいいよってねー

 

みずき「軽井沢で何やってんの?自分の目指してる食の道は?」

雄大「毎日努力はしてるよ、ちゃんと」

 

葉:でも26歳の人に19歳が言われたら・・・

山:へこむねえ

葉:素直に聞けない気がしますね

 

 

雄大「料理のことはmaxでできてる」

みずき「あー、で、今これなんだ?」

 

葉:姐さんスイッチ入っちゃってますね

 

「料理のこととつなげてまで言うのはちょっとかわいそう」

と、至恩が雄大をかばいます。

みずき「恥ずかしくないならいいよ?私は恥ずかしいから使えない」

 

山:こっわ、泣きそうじゃん雄大

 

雄大「自分の価値観押し付けて、ひとを悪くいうのはよくない」

 

山:ダメな奴の典型だねー

徳:ここ言い返したらあかんな、カッコ悪すぎる

 

みずき「親のお金を当たり前のように、返せるからって使うのやだもん」

葉:中村さん、ちゃんと入ってきてほしいな

山:逃げてんだよ

 

雄大「今お金がないから、って話。だから自立したいって言ってたわけじゃん」

みずき「自立したいの?」

山:オニ頼ってるからね

 

YOUさんに”書記”と言われた たかさんが立ち上がります。

 

山:動くか?おやじ

Y:寝たらどうしようw

山:水ぶっかける?ババアうるせえ、つって

 

雄大「値段じゃないんだよね、ほしいもんは欲しい

スタジオ爆笑!

Y:あーーー

山:しびれるねえ

葉:いいっすね

山:こいつ典型的なクズだよ

葉:こういう役こないかなー

山:勉強になるでしょ

 

雄大「全然理解できねえな」

至恩「雄大が自立したいって言ってたのを聞いて、心配してたのみずきは」

みずき「いいよ、踏み込みすぎた」

 

山:いや、けっこう踏み込んでからそう言うのずるくない?

 

みずきは立ち上がってキッチンのたかさんの横へ。

貴之「俺らから見ると心配みたいな気持ちあるんだよね。

俺もその現場に居合わせたら「大丈夫かよ」って多分言ってたと思うし」

みずき、たかさんの横で涙を流し始めました。

 

山:え?どゆこと?

Y:そりゃやっぱほら、思いがあるからさ、みずきにも

 

貴之「俺らは期待してるところがあるから、雄大に。

夢に向かって一生懸命な姿を見たいっていう期待が、みずきみたいな気持ちになるのわかるし」

Y:だって何にもやってないもんね、まだ

山:なんにもやってない。バイトの面接だけ

 

貴之「悪気はないんだよ、みずきには」

雄大「でも俺には俺の価値観があって」

スタジオは苦笑い。

葉:もうダメだよ

山:わーこれ典型的なダメな奴

Y:うわー

 

貴之「みずきのアドバイスは絶対雄大のためになってるから」

 

トリ:でもこういう系のアドバイスは、受けて”ハイわかりました”っていうのは難しいのかも

Y:難しいけど・・・

 

貴之「今はなってないかもしれないけど、のちのち絶対理解してくれるから」

 

みずき、号泣します!

 

Y:めっちゃ飲んだなー?みずきなー?

馬:飲んだなあ

徳:アルコール出せ?

山:さんざんぱら怒って、泣くってのもめんどくせーな

Y:それはねえ、悪かったw

 

雄大にたかさんが宣戦布告?安未をめぐる男たち

 

場面は変わって雪のゲレンデ、貴之と雄大がスノボに来ています。

 

山:中村さんの見せ場来ましたよ!

葉:はじめてですね

山:ここまで影で31と呼ばれ、囚人みたいに

トリ:あ、雄大がいる

山:そうですよ、修業もせんと遊びに来てますよ

Y:雄大もできんだね

葉:かっけー

たかさんのプロフが出ると、皆さん感心しています。

プロスノーボーダーだもんね、ムラサキスポーツ!すごいなー、の声!

そして

トリ:あ、恋人いない歴1ヵ月

山:みじけーw

いいところに気が付くトリちゃん。

 

その夜、リビングに集合しているメンバーたち。

至恩「結果まだ来てないの?バイト」

雄大「週末には来るかなと思ってたんだけど」

 

葉:そりゃ落ちるわ

Y:あ、じゃ落ちたな

 

貴之「スノーボードめっちゃ楽しかったよな」

雄大「めっちゃ楽しかったっす」

貴之「雄大全然滑れるよ」

至恩「『俺マジ超すべれるっす』ってくらい滑れてました?」雄大のモノマネをする至恩。

貴之「『マジで、マジで』」同じくモノマネで返すたかさん。似てますw

安未「それヤバいマジで。ちゃんとウザい」

 

雄大のモノマネでワイワイやっていますが、みずきは着ぐるみ状態でスマホをながめて無言です。

 

葉:モノマネ始まってますよ

山:そりゃみずきもこんな感じになるよ

徳:雄大ウザキャラみたいになってるな

 

貴之「明日家にいる人?」

みずき・つば冴「「はーい」」

雄大「明日キッチンに引きこもります

 

山:出た、夢へのアピール!

 

雄大「いろいろレシピ考えてたんで、ひたすら作る」

 

山:レシピ考える、っておかしくない?まだ

トリ:座り方がむかつくー

山:トリちゃん?ww

 

貴之「明日ヒマな人、手伝ってくれてもいいよ」

 

Y:何を?

山:焼き鳥屋さん?

 

焼き鳥ではなく、たかさんのアパレルブランド”BREW”の商品発送の準備だそうです。

安未「手伝ってあげてもいいよ」

つば冴「上から!w」

 

貴之「手伝ってくれてもいいよ!」

雄大「??」

雄大が「どういうこと?」という顔で二人を見ています!

 

 

スタジオ一同:おおーー!?

徳:ただもう、俺は引きこもり宣言しちゃったから身動きが取れましぇん!

  ”安未、お前そっち行くんか?”みたいな顔w

山:裏切ったな?っていうか、俺がいるのに?って

 

,貴之「マジで明日手伝ってくれるの?」

安未「うん」

 

山:二人っきり?うれしいねえ、中村さん。
  これもう止まんなくなっちゃうんじゃないですか?

葉:うしろの雄大の顔がもうw

 

 

 

イキる雄大に安未もキレた?名ゼリフ爆誕

 

たかさんが嬉しそうに「おやすみ」と去った後、

安未と雄大が2人きりで残りました。

 

安未「質問。料理好きって言ってるじゃん?普段しないのは何で?

 

Y:おお、こっからもか!

 

雄大「俺が入っちゃまずいかなと思って」

安未「ん?俺が手伝ったらどうなるの?」

怪訝そうな顔で聞く安未。

雄大「みんな料理目指してるわけじゃないじゃん。

俺は毎日勉強してるんだけど、なんも料理のこと勉強してない人たちに、

そういう風に言われるのがすごい嫌だ」

ボソボソと話す雄大。

 

葉:ん?韓国語でしゃべってるみたいで全然日本語に聞こえない

徳:前田日明さんばりに聞き取れへんことある

山:素人がやってるとこにプロが入っていかないでしょ、ってことか

トリ:プライドが・・・

Y:プライドがすごいね

 

雄大「今週、暇な日とかある?

 

山:イヤこの流れで?すげーな!

徳:お前無理な体勢から行くなあ!

 

雄大「日曜暇だったら遊びに行こうよ」

安未「何しに行くの?」

雄大「まだ旧軽のほう行ってないでしょ。雰囲気いいらしいよ」

 

葉:今そういう状況じゃないってのがわかんないんですかね?

山:わかんないんだよ

 

安未「イルミネーションとか花火とか紅葉とか・・・クソほど興味ない

 

どよめくスタジオ!

 

安未「遊園地行こう、とかそういうのがいい。目的がはっきりしててほしい」

 

山:こわ!

Y:いいねーいいねー

山:紅葉にクソほど興味ないっていう人間、1ミリも好きになれないわ

Y:遊園地がいいのか。紅葉に興味ないのか。すごいな

 

雄大「何かもうちょいガキからオトナに成長したい」

 

徳:今これ雄大にもキレてるからちゃう?

山:たぶんそうでしょうね、キレてるよねこれ

 

安未「普通にイキらなきゃいいんじゃない?」

安未「それがなくなれば(みずきも)イラつかせないと思うけど」

雄大「オーケー」

 

山:どこがオーケーだ!よくオーケーって言えたな!?

徳:雄大予想以上にヤバいぞ

Y:ヤバいなー

徳:漫才みたい

山:”オーケー” ”オーケーなことあるかーい!” ”どうもありがとうございました!”

 

 

将来に悩む安未に、たかさん渾身のアドバイス

 

翌朝、倉庫でたかさんが商品の発送準備中。

つば冴が出かけていき、安未が手伝いに来ました。

貴之「今起きた?」

安未「うん、ちょっと前」

 

山:これ嬉しいだろうな。声のトーン違うよね?

葉:全然違いますw

山:可愛いなーと思ってんだろうな

徳:”かーわいいなー、やべぇこんな子と二人でさー”

Y:”見ったことないよぉ、こんなかわいい子ぉ”

 

貴之「結局、雄大君は起きてた?」

安未「ううん、キッチン、キレイだった」

 

山:雄大寝てんだ、まだ

葉:うわほんとヤバいな

Y:やばいなーマジヤバくなーい?

 

雄大はベッドですやすや寝ています。

 

馬:あら、こいつダメだな

徳:今何時なんやろ

葉:11時とかじゃないですか

山:え、11時だったら終わりよ人はもう

Y:うわー11時?

 

いつもより表情が和んでいる安未、「バイト代、牛乳1本ね」と楽しそうです。

 

山:むちゃくちゃムカつく奴と喋った後、こういう落ち着いた大人と喋ったら楽しいだろうな

 

安未「20半ばまで何してたの?その時の収入源は?」

たかさんに、若い時の仕事について聞いています。

 

どうやら安未は、大学卒業後の進路について悩んでいる様子。

 

貴之「安未は芸能で行くぜって感じではないんでしょ?まだ」

安未「うん。100%ではない」

貴之「でもそれでいいと思うけどね。雄大にガーって言われて泣いてたじゃん?

その道にグイグイ押されすぎるのって嫌じゃない?」

 

山:これ、中村さん狩りに行ってません?

Y:もちろん入ってますね

山:雄大のこともう関係ないですね

Y:はい

山:男同士の風呂なんてこんなもんか・・・
  中村さん、31って言われてたんですよ?友達に。囚人みたいに

 

貴之「なんでもさ、8分目。8分目でやるのがいい気がするんだよね」

 

Y:もう作業一切してない

山:中村、詰めろ?まず

徳:”発送なんてどうでもいい!!”

Y:どうでもいいときがあるの

徳:”俺は今この子に最高のアドバイスをしたいんだ!”

Y:そうなんだ!

山:これ狙いに行ってんな

葉:定めてますね

山:仕留めに行ってんね

 

お昼の鐘が鳴り、作業はいったん休憩。

 

葉:てことは、雄大すごい寝てるってことじゃないですか

Y:あいつダメだなマジで

 

安未「今日ね、たらこスパゲッティ」

山:おお、安未が作ると?

たかさん、今日のランチはさぞかし美味しかったでしょうね!

 

至恩とつば冴、草津へ足湯初デート

 

そして雄大は登場しないまま、軽井沢の日は暮れました。

 

山:ええ?何もせずに終わったの?あいつ

 

リビングにいるのは女子3人。

みずきは無言でPCに向かい、つば冴と安未はソファでお喋りしています。

安未「決まったの、草津?」

つば冴「うん、明日草津っぽい。一日二人ってことになる?」

安未「すごいね。けっこうレベル高いよ、それ」

 

山:お、足湯行く?いよいよ?つば冴と至恩

トリ:いいなー草津 

葉:ちょっと、ガラッと変わってほしいですね

Y:かわいいーつば冴

山:みずきの温度差よ・・・

 

みずきは雄大とぶつかって以来、あまり楽しそうな表情がありません。

 

 

翌朝、ダイニングで待つ至恩。

つば冴が支度をしてやってきました。

 

トリ:そして雄大は一度も・・・

徳:ほんまやな

Y:ガチでヤバくない?ざわついちゃうー!

雄大は今日もまだ寝ているようです。

 

あいにくの雨になりましたが、楽しそうな至恩とつば冴。

「行きます?」「行きますか」と、至恩の運転で出発!

馬:かわいい!二人で行くんだ?

Y:ねー、かわいい

トリ:良いですねこの感じ

 

ドライブ中も終始穏やかにつば冴に話しかける至恩。

 

至恩「つば冴あんまりいないじゃん?自分がいない間にみんなが仲良くなってるの(どうなの)?」

つば冴「もともと人に心をワッと開けるタイプじゃなくて・・・

仕事があったりするからしょうがないなって思うけど、ちょっと寂しい気はあるかも」

至恩「そうだと思った!」

 

つば冴は楽しそうに笑っています。

 

トリ:いいなー!至恩君のノリ、なんかいいですね

 

群馬・草津温泉に到着すると、

温泉街の景色や有名な湯畑に、テンションが上がるスタジオ一同。

行ってみたい!テラスハウスごっこしよう!

二人のデートそっちのけで大騒ぎです。

 

 

至恩とつば冴は、顔出しパネルで写真を撮ったり、散策したり。

とってもいい雰囲気の二人!

 

いよいよ足湯に立ち寄り、仲良く入水。

至恩「練習の疲れをここでほぐしていただいて」

 

山:優しいなー

Y:優しいね、至恩ね

山:ここ、いいんじゃないですか?

 

至恩「もともとそんなに素を見せないタイプなんでしょ?」

 

山:ロバートキャンベルさんの若いころみたいだな
  でもつば冴からすればドキドキだよな、むちゃくちゃ男前と・・・

至恩「恥ずかしそうにしてるとき、かわいいよ

 

これにはスタジオ、色めき立ちます!

 

山:あら

馬:まー、そんなこと

トリ:可愛いって言ってくれる人いいですよね

Y:いいよ最高だよ!

馬・徳:いいよなー、足湯いいよなー

 

至恩「待ってるよ。心をパカッて広げてくれる時を

つば冴「わりと素だよ?

 

山:あれ?ひょっとしてここ?

Y:超いいじゃん!

カップル誕生の予感に、スタジオ大盛り上がりです!

貴之とつば冴、淡い思いを語る夜

 

そんな楽しい足湯デートから帰ってきて、夜。

つば冴がダイニングにいると、風呂上りのたかさんがやって来ました。

 

貴之「楽しかった?」

つば冴「・・・楽しかった!!」

 

山:噛み締めたねー

Y:かわいいー

葉:つば冴ちゃんのほうが歳が2個上なんですね

YOUさん、つば冴に関してはもう「かわいい」しか言ってないですw

 

貴之「ショーン、どう?」

つば冴「すごいリードしてくれた。すごい気楽でいられるっていうか」

 

山:あ、これ好きになっちゃってますよね

Y:優しいよね至恩。緊張させないよね

山:どうすんの?ホッケー集中できなくなったら

 

つば冴「たかさん、無いんですか?そういうの」

貴之「まあまあ・・・」

 

トリ:あるでしょ!言っちゃえ言っちゃえー

山:言っちゃえ素直に、ゲロっちゃえよ!

 

貴之「安未はかわいいなって思うけどね。でもなんか妹みたいな」

 

山:出た!

Y:一応ね、一応言っとくっていう

山:絶対言うんだよね、なんなのこの”妹みたいな”って!ヤルときゃヤルだろ、お前?

 

貴之「でもまあ、気にはなってんのかな・・・どうなのかね」

 

山:いや、なってるだろ!雄大に気を遣ってるってことですか?

Y:たかさんなりに格好つけてんのかな

山:好きだろこれ

馬:完全に好きですよ

徳:もうニヤニヤしちゃってるやん!わかりやすっ!

山:今お前この前の作業思い出してるだろ、かーわいーっつって!なんだよ妹みたいなって嘘

Y:まあ雄大のこともあるから?

 

キャーキャー言いながら、扉がバタン!

 

みずきと雄大の対立はどうなってしまうんでしょうか?

安未は雄大に誘われて、そんなに嫌な感じでもなさそうですが・・・

ひとの将来のことを云々言うわりに、自分は口先だけで努力しない雄大に、

今回はちょっとキレてたみたいです。今後はたかさんとの仲が発展するかも?

至恩とつば冴のデートには、キュンキュンさせられまくりでした!

恋って・・・いいよね・・・///

 

次回に続きます!

『テラスハウス軽井沢編』を無料で今すぐ視聴する方法

テラスハウス軽井沢編の視聴は

 

FODプレミアム
Netflix

 

のどちらかになります。

 

どちらが良いかの比較は別記事にまとめてますので、
用途に合わせて登録して見てみてください!

 

▶【FODプレミアム】と【Netflix】のサービス比較はこちら

 

 

◆SNSでもテラスハウスのあれこれ発信中!◆

★Twitter★


 

 

★Facebook★


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください