絶対零度〜未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)5話のあらすじネタバレ!感想と見逃し配信情報も

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第5話が

8月6日に放送されます。

 

第4話は、

田村の幼なじみが、

ネジ工場を経営していた亡き友人との

約束を守るために、犯罪を計画。

若干、某銀行ドラマを彷彿させるような(失礼!)

ストーリーでした。

 

第5話放送の前に、

第4話をおさらいしつつ、

あらすじをご紹介します。

もしネタバレを見ずに映像で5話を見たいんだ!という方は以下より視聴してみて下さい。

▼FODプレミアムは1ヶ月無料キャンペーン中▼

『絶対零度 5話』を
今すぐ無料視聴する!

※登録後1ヶ月以内に解約すれば違約金なしで解約出来ます。

(FODの簡単な解約方法はこちら)

第4話 おさらい

 

田村の小学校時代の友人、佐伯が

自分の勤める銀行へ、強盗を手引きします。

 

佐伯は、ミハンが割り出した危険人物でした。

 

東堂・井沢・南の分析、山内の聞き込みにより、

佐伯が、自殺した友人の娘・由梨を

陰ながら見守っていたことがわかります。

 

佐伯は、友人の秘密と由梨の幸せを守るため、

強請りをかけてきた立石を殺そうと、

銀行強盗を持ちかけます。

 

そして、計画通り金庫で立石と二人になった時、

正当防衛を装って殺害しようとしましたが、

失敗。

 

逆に立石に殺されそうになります。

 

間一髪で井沢が止めに入り、

立石は逮捕。

 

佐伯は、友人の娘に真実を伝え、

誤解が解かれました。

 

任務終了後、東堂は山内に、

井沢がミハンにピックアップされていたと告げ、

井沢から目を離すな、と命じます。

 

彼はウサミとの因縁から、

いまだに殺意を漂わせている、と・・・

 

第5話 あらすじ

 

ミハンシステムが割り出した新たな危険人物は、

17歳・高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)。

 

直樹は成績優秀、バスケ部ではエース、

しかも父親は文科省次期事務次官候補という、

エリート美少年です。

 

しかしミハンシステムは、

相次いでいる動物殺傷事件の犯人が直樹であり、

それを凶悪犯罪の予兆と捉えました。

 

その根拠として、

過去の犯罪データが示されますが、

 

そこには、東堂が関わっていると思われる

25年前の練馬台無差別殺傷事件も

挙げられていました。

 

 

山内は、バスケ部指導員として

直樹の高校に潜入。

 

小田切と田村は、

制服警官に変装して、

近隣の住人から情報を収集します。

 

やはり、直樹には裏の顔がありました。

 

小田切たちの前に、

ジャーナリストの川上(近藤公園)が現れ、

動物殺傷をする若者から話を聞いていると

話します。

 

川上が関わることで事件は深刻化していき、

ミハンは最大の危機を迎えます。

 

東堂の過去も明らかになる中、

ミハンは殺人を、サイコパスを

止められるのでしょうか!?

 

第5話 ネタバレ

 

※ここからネタバレ記事になります。

 

今回ミハンシステムが割り出した危険人物は、

岡崎直樹・17歳。

エリート高校に通う優秀な美少年で、

父親は文科省事務次官候補。

 

しかし防犯カメラの映像から、

相次ぐ動物殺傷事件の犯人と疑われ、

ミハンシステムにマークされました。

 

動物殺傷は、殺意が人間に向かう予兆だとして、

東堂は過去の事例を提示、捜査が始まります。

 

山内は岡崎の通う高校に、

バスケ部指導員として潜入。

 

エースである岡崎に近づき、

周囲に聞き込みをします。

 

田村と小田切が、

制服警官として近所で情報収集に回っていると、

ジャーナリストの川上邦明から

声をかけられます。

 

最近岡崎からよく話を聞いている、と言う川上。

 

動物殺傷には、肉体的・精神的な虐待からの

解放という一面もあり、

その苦しみを理解してやれば殺人を止められる、

と語ります。

 

一方で、南と井沢、学校に潜入した山内は

岡崎の裏の顔を見つけます。

 

彼は表向きは非常に評判が良いものの、

学校裏サイトにひどい誹謗中傷の書き込みをし、

気に入らない部員や教員を退部や退職に

追い込んだりしていました。

 

岡崎は反社会的サイコパスなのか?

 

東堂は、岡崎をマークすると共に、

川上についても徹底的に調査するように

指示します。

 

南は

動物殺傷が予兆となった過去の事件のうち、

25年前の練馬台無差別殺傷事件に注目。

 

東堂がその被害者だったことを知ります。

 

突然理不尽に父を失い、

自分も首に大きな傷を負った東堂は、

その経験から、

ミハンシステムを立ち上げようとしたのでした。

 

川上の自宅に

カメラを仕掛けに入った井沢たちは、

彼の身内や関係者の自殺を報じた

記事のファイルを見つけます。

 

そこには川上が書いた、

未解決のホームレス殺人事件の記事もありました。

 

川上のまわりでは

何人もの人が不自然に死んでいたのです。

 

さらに、ホームレス殺人事件の重要参考人は

動物殺傷で補導歴のある当時16歳の少年で、

川上がアリバイを証言し、未解決になっていました。

 

川上もまた、反社会的サイコパスであり、

動物殺傷する少年たちに接触して

殺人の後押しを仕掛けていたのです。

 

資料室のモニター、監視カメラの映像に、

カメラに向かって話す川上の姿が映ります。

 

捜査に気づいていた川上。

井沢に直接会って話そうと持ちかけます。

 

井沢は川上の自宅へ。

 

岡崎を殺人者へと育てている、

とほのめかす川上。

 

自分の話にあまりにも動じない井沢について、

人を殺したことがあるとわかる、と話します。

 

井沢は否定しません。

 

川上は、

岡崎はどこに誰を殺しに行ったのか、

あなたならわかる。想像してみて?と問いかけ、

 

彼を止められるかな?と笑います。

 

井沢は、岡崎が

父の勤める文科省で

センセーショナルに無差別殺傷を起こし、

注目を集めることを望んでいると判断。

 

ミハンチームが文科省に駆けつけると、

岡崎が、誰彼構わず銃を発砲していました。

 

そして騒ぎを聞きつけてやってきた父親を撃ち、

自らも首を掻き切って自殺しました。

 

呆然とするミハンチーム。

 

そこに川上がやってきて、

ふたりの遺体の写真を撮りまくります。

 

彼に「最高の記事にしてあげる」と約束した、

と話す川上に、

東堂は激しく怒りをあらわにします。

 

今回のケースは終了。

 

小田切は山内に、

井沢は本当に人を殺したのかと聞きます。

 

山内は、井沢が以前、

ミハンシステムにピックアップされていたことを

話します。

 

川上はバーで、

自分が書いた岡崎の事件の記事を

満足気に読んでいます。

 

帰り道、人影が近づき襲いかかると

「殺しに来ると思ってましたよ」

と笑います。

 

二つの影はもみ合い、

銃声とともに川上が倒れます。

 

その姿を見下ろす後ろ姿は、井沢・・・?

 

 

 

感想

なんとも後味の悪いケースでした。

 

犯人も被害者も守れなかったのは、

これがはじめてですよね。

 

みんなのやりきれない気持ちを代弁するように

登場したあの仕事人は、

やっぱり井沢のようです!

 

それにしても井沢が話していた、

爆発物処理班にいたサイコパスって、

田村なんでしょうか?

 

彼にも何かあると思うのですが、

意味ありげな描写がされていましたね。

 

そして今週の南くん。

 

以前ご紹介した

MOGU ミニピープル

青バージョン・ミナミ専用が登場、

さらに板倉さんと恋の予感?

目指せリア充!

 

来週は物語が急展開しそうです!

 

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の見逃し配信情報

以上が5話のネタバレとなりますが・・・

このネタバレを見て

 

『動画を見たい!』

 

と思った方はFODプレミアムがおすすめです。

FODプレミアムは現在

『1ヶ月間無料キャンペーン中』

なので、仮に1話を見逃しても
3分の登録で無料で視聴していただくことが可能です。

ドラマンプ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の5話を無料で見たい!
どうやって視聴すればいいの?

カフェックマ

という方は以下のリンクより、視聴方法を確認してみて下さい。

▶絶対零度~未然犯罪潜入捜査~5話の動画を無料で視聴する方法はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください