浦沢直樹の漫画家経歴!小室哲哉との交流や趣味の音楽活動について

1

「YAWARA」「20世紀少年」などで、

多くの賞を受賞し日本を代表する

漫画家『浦沢直樹』さん。

どんな方かよく知りませんよね~?

ガッツリ掘り下げていきましょう。

Sponsored Links

浦沢直樹のプロフィール!

1本名 浦沢直樹(うらさわなおき)
生年月日 1960年1月2日
年齢 55歳
出身地 東京都府中市
出身校 明星中学校
明星高等学校
明星大学人文部経済学科卒業

浦沢直樹の経歴!

デビューは1983年、23歳の時なんですね~!

ドラゴンボールで有名な鳥山明氏が23歳デビュー。
6
スラムダンクで有名な井上雄彦氏が21歳でデビュー。
7
売れる漫画家の年頃なんですね。

当時としてはそんなもんなんでしょうか?

影響を受けた漫画家は手塚治虫氏。

「鉄腕アトム」

「ジャングル大帝」

を読み、自分でも漫画を書くようになったそうです。

もともと漫画家志望ではなかったそうで、

就職活動中に小学館に編集者として面接を受けに行った時に

ついでに持って行った原稿がなんと新人賞受賞!

これがきっかけで1年で花が咲かなければ、

やめるつもりで漫画家を志したそうです。

人生どこでなにがあるか分かりませんね!

そして、1986年デビューから3年後の26歳の時に

最初の大ブレイク漫画「YAWARA」が連載スタート。

その後連載が10年間続きます。
2
そうそう、浅香唯主演で実写化されてましたわ、当時。

1999年『MONSTER』
9
2005年『PLUTO』(手塚治虫の鉄腕アトムリメイク作)
3
2度の手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞

ちなみにこの賞で2度受賞しているのは浦沢直樹さんだけ。

やっぱりスゴい人なんですね~!!

そして、そして、2004年に生まれちゃいます。

世界的大ヒットマンガ『20世紀少年』

これで、フランス・アングレーム国際漫画祭で

最優秀長編賞なるものを受賞しています。

よく分かりませんが、スゴい賞なんでしょうね。

映画かもされましたもんね~!

「ケーンヂくーん!!あーそーびーまーしょ。」

「ともだち!!」

で有名なあれです。
8

幼少期の浦沢直樹!

いわゆるこの種の天才の方って、

過去に色々ありますよね。

浦沢直樹さん、幼稚園に通ってないですって!!

小学校入る前までは、

祖父母と3人で昼間は幽閉状態だったんだとか。

そして、お決まりのように小学校ではいじめにあってたんだとか。

Sponsored Link

中学・高校時代は?

吉田拓郎好きの音楽少年に大変身。

そして、ボブ・ディランにのめり込み、

この頃の経験があの「20世紀少年」へ

活かされます。実体験として。

ここで意外な人と接点がありました。

実は、中学の1年先輩になんと

世界の『小室哲哉』氏がいたんですね~。
4
小室哲哉さんは当時放送部員だったんだとか。

そこで浦沢直樹さんリクエスト出します。

イギリスのグラム・ロックバンド『T・レックス』

「20th Century Boy」


有名ですよね~この曲。

浦沢直樹のリクエスト受けて

小室哲哉がヘッドフォン片手

ノリノリで校内放送で流したんだとか。
5
恐ろしく前の時代に、

恐ろしいコラボが実現したんですね~。

そのまま2人でデビューすればよかったのに・・・。

音楽活動もしてんの?

漫画家だけじゃないんですね。

別の顔も持ってるんですね。

20世紀少年のエンディングで流れてた

「Bob Lennon」て曲ですが、

実は浦沢直樹さん本人が、

作詞・作曲・歌・ギター・ブルースハープ・録音

行ったオリジナルの曲なんですって。

それをケンヂ役の唐沢寿明さんがリメイクし世に誕生しました。

スゲーな浦沢直樹。

2007年にはTHE ALFEEの王子こと『たかみー』

ソロアルバム「kaleidoscope」の中の曲

「洪水の前」って曲で作詞担当してます。

すごいですね~才能ある人は!!

現在の浦沢直樹さんの活動は?

今でも現役バリバリで漫画描いてます

こんな興味深いこと言ってます。

50年以上漫画と付き合ってきた浦沢直樹さんですが、

未だになにからなにまで自分で描いているそうです。

アシスタントやお弟子さん任せにせず、

責任持ってやってるんだとか。

鬼才は違いますね。

興味のある方はこれをお読みください。

浦沢直樹インタビュー!!

最後に・・・。

正直言いますね。

浦沢直樹マンガ読んだことないんですよ。

「20世紀少年」映画でしか観たことないんですよ。

でも、これで興味持ちました。

読んでみます浦沢直樹マンガ。

嘘じゃないです。ホントに。

てことで、今日はこの辺で!

ア ビャント!!

Sponsored Link

♪こちらの記事も読まれています♪