ロシアンブルーの値段や歴史は?寿命や性格肉球が可愛いってマジ!

1

空前の猫ブーム到来ですねぇ~。

そんな猫の中でも特徴あり過ぎる猫がコレ!

そうです。『ロシアンブルー』です。

この模様と顔がたまりませんねぇ。

これから飼おうか迷っている方の為に

相場の値段、性格、寿命など色々と調べていきたいと思います。

ガッツリ掘り下げていきましょう

関連記事:猫の種類と人気ランキングTOP10&性格!最新ペットの値段を調査!

Sponsored Links

ロシアンブルー

1原産国 ロシア
性格 忠実
毛並み 短毛種
チャームポイント ブルーの毛並み

<h4ロシアンブルーの歴史!!

名前の通り、発祥はロシアですね。

別名「アルハンゲルキャット」と呼ばれているそうで、

ロシアのアルハンゲル島を起源とすることからついた名前だそうです。
5
なんと西暦1700年くらいから存在している猫だそうで、

この時代にイギリスや北欧でも人気があった猫なんだとか。

しかし、第二次世界大戦で数が激減して絶滅の危機になったこともあり、

アメリカやイギリスの力で交配をさせて絶滅をまぬがれたなんて説もあります。

ロシアンブルーの特徴!!

最大の特徴と言えば毛並みですが、それは後で話します。

それ以外に特徴と言えば、まん丸の「目」ですね。
2
鮮やかなエメラルドグリーンをしてますが、

綺麗なエメラルドグリーンになるのは2歳くらいからなんだとか。

色の濃い毛並みのせいで特に目立つのが「肉球」
8
他の猫にはないグレーがかったピンクで超かわいいです。

ロシアンブルーの毛並みは??

ロシアンブルーの名の通りブルーの毛の猫だけが

ロシアンブルーに認定されるほど特別な毛を持つ猫なんです。
6
パッと見は短い毛ですが、実は二重構造になっていて

アンダーコートトップコートに分かれていて分厚毛を持っています。

毛質は非常に細くて例えるなら「絹糸」でなめらかです。

毛の下の方はかなり密生していてほぼ水を通さないほどなんだとか。

寒い地方発祥の猫ですから、やっぱ寒さに強い使用になってるんですね。

ロシアンブルーの性格は??

猫の中でもトップクラスの「忠実心」があるそうです。

猫ですが性格は犬のような感じと言えばわかりやすいでしょうか?
3
忠実心はありますが、非常に警戒心が強く臆病が本当のところらしいです。

見知らぬ人が来るとすぐに隠れるそうで、騒がしい場所も好まないそうです。

別名「ボイスレスキャット」とも呼ばれていて、

ほとんど鳴かず、鳴いてもすごく静かなんだとか。

Sponsored Link

ロシアンブルーの寿命や病気は??

平均寿命は10歳~13歳、一般猫よりも少し短いですね。

寿命自体は短いですが、実はロシアンブルー丈夫な体の持ち主なんです。

遺伝的な疾患や病気は、ほぼしない猫なの飼い主の飼い方次第では

結構長生きしているロシアンブルーもいるみたいですよ。

ロシアンブルーの値段は!!

相場の価格は10万前後と比較的、買いやすい価格帯です。

大きな値段の差もないため選びやすかもしれませんね。

せっかく買うなら、エメラルドグリーンと最高のブルーの毛を持って

特別な一匹を探し出したいですね。

ロシアンブルーは飼いやすい!!

「ボイスレスキャット」の異名を持つため、

マンションやアパートなんかでは比較的飼いやすい猫です。
4
ロシアンブルーは室内で飼うことを想定して生まれてきた猫なので、

外からの病気なんかも防ぐことが出来ますし、事故なんかも防げます。

太りやすい体質なので、食事の面で管理をしてあげるくらいで

後はほぼほぼ手はかからない猫と言えます。

ただし寒さには強いですが、暑さには弱い猫です。

夏場の外出時はエアコンを27℃~28℃に設定してあげてほしいですね。

他の猫も気になる方はぜひこちらも参考に!

※関連記事
猫の種類と人気ランキングTOP10&性格!最新ペットの値段を調査!

てことで、今日はこの辺で!!

ア ビャント!!!

Sponsored Link

♪こちらの記事も読まれています♪